お知らせ

その他
2020.08.20

学生相談室コラムVol.9 - マンガ限定ビブリオバトル① / インド愛も芽生える?スポ根マンガ

このコラムVol.9は、学生相談室夏休みイベント「マンガ限定ビブリオバトル」参加作で、9/7日開始のアンケートの対象です。

 『灼熱(しゃくねつ)カバディ』(裏少年サンデーコミックス)武蔵野創 著,小学館

 今やマンガの連載も雑誌という紙媒体を介さなくなりつつあります。今回紹介するマンガ『灼熱カバディ』は、小学館がリリースする漫画アプリ「マンガワン」で毎週配信されているものです(ウェブコミック配信サイト「裏サンデー」でも配信あり)。人気が上がるにつれ、月刊→隔週→週刊と連載間隔が狭まっていき、もはや、看板連載作品の一つです。
  
 このマンガは、一言でいうとスポ根ものです。昔大流行した、井上雄彦さんの『SLUM DUNK』のように、男子高校生が未経験の競技にはまっていく様子を躍動感あふれる筆致で描いていて、もちろん試合の緊迫感などもドキドキものです。スラムダンクでいう山王工業高校のような絶対王者も出てきます。ただ、主人公は他競技から転向したスポーツエリート設定で、バスケのように誰でも知っているメジャーなスポーツでなく、マイナーな(といっては失礼ですが)カバディというスポーツがテーマなのが大きな違いでしょうか。ちなみに、インドの国技です。

 緊迫した試合、大接戦の途中で「次回へ!」とかなったら、次が気になって仕方ない。紙でコミックスも14巻まで出ていますが、単行本を待ってなぞいられない。マンガワンで配信されるのは火曜日。月曜の夜から0:00を迎える時間をカウントダウンしている昨今です。月曜の夜は寝られません。
 
 「何かストレスがたまっている」「元気がでない」「スッキリした気分になりたい」などの方に、特にお勧めです。余計な雑念が光速で消えます。読めば、君の目の前には、もうカバディしかない...的な。試験前、課題提出前は、見ないほうがベター。
 
 カバディ日本代表の某選手曰く、この漫画で競技人口が増えてきているとも。海外メディアでも、「あるマンガが日本でのカバディ人気を上げる救世主を買って出ている」等論評され、インド国内でも安定した数の愛読者がいるとのこと。 
 
 スポ根好きも、単にスカッとした気分になりたいひとも、『灼熱カバディ』お試しあれ。文字通り、"灼熱"です。インド愛も芽生えちゃうかも。
 
 
教職員 K.T.さん