課外活動で活躍した学生4名と2団体が麗澤大学後援会から表彰
2018.11.30

 平成30年度第2回後援会役員会が11月3日(土)に行われ、終了後に今年度上半期の後援会学生表彰の表彰式が行われました。これは、学生の優れた活動や努力の成果を表彰することによって、学生のモチベーションを高め大学の活性化に資することを目的とするものです。

 今回は下記の学生4人と2団体が選出され、巽 久泰後援会会長から学生一人ひとりに表彰状と副賞が手渡されました。学生からは「感謝の気持ちを忘れずに、今後もこの賞に恥じないよう精進して更なる高みを目指したい」「この受賞を自信にかえて、社会に出ても頑張って行きたい」などと感想が述べられました。

 最後に、巽会長はじめ後援会関係者、堀内副学長と一緒に記念写真を撮り、表彰式が終了しました。

今回、表彰された学生、団体の主な受賞理由は以下の通りです。

<後援会長賞>
齋藤 明希
秋田県立武道館にて開催された「2019茨城国体公開競技『武術太極拳』東北北海道ブロック選抜大会」二十六式太極拳にて、優勝。2019年茨城国体の代表選手に。本年7月に行われた全日本武術太極拳選手権大会「総合太極拳C」においても3位(銅メダル)を獲得。2年連続の快挙。

巽麗澤大学後援会長より表彰を受ける齋藤明希さん

<後援会賞>
空手部
第61回関東大学空手道選手権大会男子2部組手(関東学生空手道連盟主催)において、優勝。今年度から空手道部主将を中心とし、男子5名女子3名合計8名の部員でクラブ運営の改善に努力。

<後援会奨励賞>
剣道部
柏市民剣道大会の20代一般男子の部(個人戦)において、準優勝、3位入賞、ベスト8に5人も入賞の活躍。

佐藤 美礼(経営学科1年)
「第95回箱根駅伝予選会壮行会」(10/1)、また「第95回箱根駅伝予選会」10/13(土)の「応援プロジェクト」の代表者として、ポスターの作成および掲示、学生への呼びかけ、応援用バスでの世話係等を積極的に行い、スポーツビジネス専攻の学生の模範となった。

長島 圭(経営学科3年)
2018年1学期に千葉ロッテマリーンズ柏後援会からスポーツマネージメントコースの学生に与えられた課題、「ALL For Chiba 柏デー(6/27)のチケット200枚の有効配布」の責任者として活動を行い、麗澤大学の関係者(学生・教職員)170名からチケットの申し込みを得た。地域貢献活動に寄与。

辻 大輝(経営学科4年)
地域の障害をもった子どもたちを馬にのせてセラピー効果を狙う「馬の会」を継続的に開催し運営。乗馬クラブである中島トニアシュタール苑内大会において、同君が3年次の秋に入賞。4年間本学馬術部にいる2頭の世話を早朝、1時限、昼休み、放課後と継続的に努めてきた。

記念撮影