ユニット・リーダーセミナーpart1 開催
2019.2.21

 去る2月7日(木)午後1時から、ユニット・リーダーセミナーpart1が、校舎あすなろ5階で開催されました。このセミナーは、平成30年度のユニット・リーダーと平成31年度のユニット・リーダーに内定している寮生との引継ぎの意味で、セミナーの名称は変われども古くから受け継がれている行事です。

 初対面も少なくない寮役員同士が集まったので、じっくりアイスブレイクを行った後、堀内副学長より「麗澤大学における寮教育の意義と成果」というテーマでご講話を頂きました。

 その後、居住棟ごとに分かれて、ユニット・リーダー会の中心的役割を担うフロア・リーダーを合議のうえ選出し、新年度の方針を議論しました。会のイニシアチブをとる議長には、スポーツビジネス専攻1年の南昂佑さん、英語コミュニケーション専攻3年の塚越瑞希さんの男女1名ずつが決まりました。

 夕方5時半からは、皆が楽しみにしていた懇親会を実施。この場では、平成30年度学友会会長でもあるフロア・リーダーの奈良崎真人さん発案で、卒業を前にしたユニット・リーダーに“卒寮証書”の授与式を行いました。この卒寮証書は、能書家でもある奈良崎さんが心をこめて一人ひとり記名したもので、次のような文言で構成されています。

 

 右は麗澤大学学生寮八四年の歴史と伝統を守り全寮生のために尽力したことをここに証し心より感謝する

 

 サプライズで行われた卒寮証書授与式に、ご本人たちは、感涙したり、破顔したり。長く寮生たちの指導に携わられた学生支援グループの田島正幸さんにも花束贈呈が行われ、大変印象深い懇親会になりました。

 インフルエンザ大流行中に開かれたセミナーだったので、欠席者も少なくありませんでしたが、46名のユニット・リーダーが参加でき、無事に終了しました。

 平成31年度に向けて、さあ、出発です。

アイスブレイクの様子

堀内副学長の講話を真剣に聞いています

卒寮証書授与式

卒寮証書を授与されたリーダーたち、そして田島さん