令和元年度前期「英語学習支援プログラム」がスタートしました!
2019.5.21

 5月16日(木)、令和元年度前期「英語学習支援プログラム」がスタートしました。

 本プログラムは、麗澤大学の英語科教職課程を履修している学生が、「柏市の中学生の英語力を向上できるように」、「英語が苦手な生徒が英語を好きになれるように」という想いを胸に、近隣の2つの中学校の生徒を対象に英語学習支援を行うボランティア活動です。

 この日は初回の参加者説明会兼実力テストが行われた後には、さっそく英語での自己紹介タイムとなりました。はじめは緊張していた中学生の皆さんも、「お兄さん先生、お姉さん先生」の英語じゃんけんなどのゲームを交えたアプローチもあり、楽しそうに英語を使って会話をしている姿が見られました。

 今後の学習支援内容は、中学校英語授業の予習・復習や、定期テスト対策などを予定しています。学年ごとにチームに分かれた大学生が、参加生徒のニーズを基に集団形式で指導します。教科書をベースに文法の復習を中心としながらも、会話の練習を含めた指導を行います。

 「地域社会に貢献したい」という学生の意志の下、平成27年にはじまったこの活動は、今年で5年目を迎えます。学習支援をする麗澤大生は、皆、英語科教員免許状の取得を目指しており、毎回ふりかえりの時間を設け、指導内容や指導方法の改善を心がけています。そして、当プログラムを通じて中学生に実際に英語を教えることにより、学生自身にとっても実習経験となり、英語教師として成長する絶好の機会ともなっています。


【令和元年度前期「英語学習支援プログラム」概要】

■期 間 令和元年5月16日(木)~7月18日(木) 
     毎週木曜18:30-19:50 (全10回)
■対 象 中学1年~2年(定員40名 各学年20名)
■参加費 無料
■会 場 麗澤大学 校舎あすなろ
■主 催 麗澤大学 英語科教職課程履修者 
     [顧問]望月正道(外国語学部教授) [運営支援]教職センター