【論文掲載報告】 中山理特任教授と江島准教授の共著論文が海外の学術雑誌に掲載
2019.6.28

  本学の大学院学校教育科道徳教育専攻 中山理特任教授と経済学部 江島准教授の共著論文 "The Ideas of Dr. Chikuro Hiroike, Founder and Advocate of “Moralogy” on Moral Education"(「モラロジーの創始者・提唱者、廣池千九郎博士の道徳教育思想」)が、Journal of Character Education(Vol.15 #1, 2019)(ISSN:1543-1223)に掲載されました。

 内容は、本学の創立者・廣池千九郎(1866-1938)が提唱した「道徳科学(モラロジー)」はいかなる教育思想を内包し、また今日の道徳教育にどのような示唆を与えるのかを考察したものです。

 本誌はアメリカで2003年から刊行されている人格教育に関する専門学術雑誌で、今号は、本学の建学の精神の基盤である「道徳科学(モラロジー)」が特集されています。本論文以外に、本学経済学部のピーター・ラフ教授の論文と、さらに本学がMOUを締結しているイギリスのバーミンガム大学、人格・徳ジュビリーセンターのKristján Kristjánsson教授の論文も掲載されています。

掲載の詳細はこちら