学生団体「Be a Bridge!」がネパール・カトマンズに渡航
2020.1.24

 本学には数多くの学生団体が存在していますが、その一つの「Be a Bridge!」(ネパール教育支援団体)が2月にネパールのカトマンズへ渡航します。

 今回はカトマンズ近郊にある小中一貫校を対象に、衛星啓発活動の一環として掃除システム導入に向けた活動を実施する予定です。具体的には、選抜した代表生徒数名と学校独自の掃除方法を数日かけて話し合って決め、実際に教室など施設の掃除を行い、最後は反省の場を設け改善点を見つけます。また、一般生徒向けに、掃除に対しポジティブなイメージを持つことができるようなワークショップも行う予定です。

 「Be a Bridge!」の学生にインタビューした記録が、受験生サイトReitaku Journalに掲載されています。こちらも併せてご覧ください。

 本学にこのような学生団体が数多くある背景には、「自主企画ゼミナール」という授業の存在があります。自主企画ゼミナールとは、自身の学びたいテーマに基づき、学生が自ら指導を受ける教員を選び、何をどのように学習していくかについて、該当教員の助言を受けながら決定し、学習計画を立て、その計画に従って進めていく学生イニシアティブの科目です。これからも学生主体の活動が増えることを願っています。