【開催報告】1/25留学事前セミナー開催!
2020.1.28

 1月25日(土)、この春(2月~3月)に半年~1年間の長期留学に出発する学生を対象に「留学事前セミナー」が開催されました。今回は41名が対象者となり、海外渡航する上での必要な心構えや注意すべきことを確認しました。

 セミナーは、午前と午後の2部構成です。午前の部では、学生相談室のカウンセラーより、海外で起きやすい異文化ストレスとの向き合い方や身近に実践できる気持ちを落ち着かせる方法など、具体的な対応方法が伝えられました。他にもキャリアセンターによる留学がキャリアに与える影響や留学に関する単位認定など、様々なレクチャーがなされました。特に、学生たちは就職活動について非常に関心が高く、就職活動を終えた4年生から、留学経験が採用面接でどのように評価されていたか体験談を語ってもらいました。また、留学先で授業を真剣に受けることはもちろん、様々なことにチャレンジしてもらいたいとアドバイスが送られました。

 午前の講義形式とは異なり、午後は参加者同士の交流を深めることを目的としてワークショップ形式で行われました。テーマは、留学目的の洗い出しと海外渡航に関する危機管理についてです。留学目的の洗い出しでは、留学する学生一人ひとりが事前課題シートをもとに留学で達成したい目標について各グループ内で発表を行いました。学生同士で留学の動機やきっかけを共有することで、留学に対して高いモチベーションを生み出そうという狙いです。学生たちからは、「同じ留学先のメンバーと交流できたことで、不安が解消された。」「留学の目標達成に対する自分の決意が強くなった。」といった感想が聞こえてきました。

 

 海外渡航に関する危機管理では、海外で発生し得る危機の種類や遭遇した場合の対処方法について説明されました。現在、大きく報道されている新型コロナウィルスやアメリカ、イランの緊迫した状態など世界情勢についての注意喚起を行い、留学先でも自主的に情報収集するように伝えられました。

 これまで留学事前セミナーは、留学プログラムの効果をより高めていくための事前教育として、毎年行われてきました。新たに2020年からは、留学から帰国した学生を対象とした留学事後セミナーも始まり、留学プログラムの教育体制が強化されました。麗澤大学では、国際社会で活躍する人材育成のために魅力的な留学プログラムに励んでまいります。