【開催報告】学校教育研究科道徳教育専攻主催「特別シンポジウム」を開催
2020.2.27

 2020年2月15日(土) 校舎「あすなろ」の2508教室にて、学校教育研究科道徳教育専攻主催の「特別シンポジウム」を開催いたしました。

 今回のシンポジウムでは、国学院大学人間開発学部教授 田沼茂紀氏を講師にお迎えし、「道徳教育の理論と実践の往還」と題して基調講演をいただきました。
 この基調講演では、道徳教育学構築のために必要なことや、これから求められる道徳科の指導のあり方及び具体的な指導過程についての提案があり、その後のシンポジウムでは基調講演をうけて、フロアーの参加者を交え意見交換をしながら道徳教育における理論と実践の往還の在り方についての考えを深めていきました。当日は42名の方にご参加いただき、シンポジウムは大盛況のうちに終了いたしました。

【講師プロフィール】
1955年、新潟生。上越教育大学大学院学校教育研究科修了。川崎市公立学校教諭、高知大学教授を経て、現在、国学院大学人間開発学部教授。 専攻:道徳教育、教育カリキュラム。著書:『道徳科で育む21 世紀型道徳力』(北樹出版)、『学校教育学の理論と展開』(北樹出版)、『子どもの心にジーンと響く道徳小話集』(明治図書)など多数。