【メディア掲載報告】
国際学部 ジェイソン モーガン准教授の記事、各種メディアに掲載
2020.7.2

本学 国際学部  ジェイソン モーガン准教授 が執筆した記事が、各種メディアで掲載されました。
詳しくは下記よりご確認ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1. モーガン准教授の社説が、産経新聞の「正論」(2020.6.11)に掲載されました。

 正論は、日本の自由な社会と健全な民主主義を守るーとの信条に基づき、昭和48(1973)年、産経新聞の「正論」欄がスタート。同年10月に雑誌「正論 」が発行されました。
モーガン准教授は社説の中で、最近注目されている「フェイク(偽)ヒストリー」などについて、各国の事例を交えて執筆しています。

社説はこちらよりご確認いただけます。 (※外部サイト「産経新聞」のウェブサイトへ飛びます。)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2. モーガン准教授が執筆した書評が、オーストラリア経済学の学術雑誌である「The Quarterly Journal of Austrian
  Economics」に掲載されました。

政治学者でもある渡辺靖氏の著書、『リバタリアニズム -アメリカを揺るがす自由至上主義- 』についての書評を執筆。モーガン准教授は、この『リバタリアニズム -アメリカを揺るがす自由至上主義- 』は、日本経済の活性化と、日本の革新性と創造性の再生に貢献するものであるとコメントしています。

掲載された書評は、こちらよりご確認いただけます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3.モーガン准教授が執筆した書評が、アメリカを拠点とする資本主義研究所であるミーゼス研究所が出版する、「MISES
  WIRE」(2020.6.9)に掲載されました。

「MISES WIRE」は、アメリカを拠点とする資本主義研究所であるミーゼス研究所が出版する情報誌です。

元ウオール・ストリート・ジャーナル社説編集長である Amity Shlaes氏 の 著書『Great Society: A New History』についての書評を執筆。モーガン准教授は、この『Great Society: A New History』を、アメリカの本格的な政府計画の悲惨な時代について、美しく、痛快に、力強く描いた本であるとコメントしています。
  
書評は、こちらよりご確認いただけます。 (※外部サイト「MISES WIRE」のウェブサイトへ飛びます。)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4.モーガン准教授が執筆した下記の2件の記事が、「JAPAN Forward」(ジャパンフォワード)に掲載されました。

「JAPAN Forward」は、日本の真の姿を世界に届けるために、産経新聞社の支援で創設された英語ニュース・オピニオンサイトです。
  
①台湾の有名漫画家Taco Lin氏の風刺漫画に関する記事が掲載されました。
 
  記事はこちらよりご確認いただけます。(※外部サイト「JAPAN Forward」のウェブサイトへ飛びます。)
 
②モーガン准教授 の2020年1月8日に出版した書籍、"Law and Society in Imperial Japan: Suehiro Izutarō and the Search for Equity" について、ハーバード・ロー・スクール(ハーバード大学 法科大学院)のマーク・ラムザイヤー 教授による書評が掲載されました。"Law and Society in Imperial Japan: Suehiro Izutarō and the Search for Equity"は、モーガン准教授が英語で初めて執筆したもので、本書の中心でもある末弘氏がどのように日本帝国下の時代に法的性質の変化を導いたのかを探究しています。

書評はこちらよりご確認いただけます。(※外部サイト「JAPAN Forward」のウェブサイトへ飛びます。)
 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


【著者プロフィール】 Jason Morgan(ジェイソン モーガン) 麗澤大学 国際学部 准教授
1977年生まれ。 アメリカ合衆国ルイジアナ州出身。 専門は日本史、 法社会学史。  ハワイ大学アジア学学部中国研究学科修士課程修了後、 ウィスコンシン大学大学院博士課程修了。 著書に『アメリカも中国も韓国も反省して日本を見習いなさい』、『アメリカはなぜ日本を見下すのか? 間違いだらけの「対日歴史観」を正す』『リベラルに支配されたアメリカの末路 日本人愛国者への警告』、共著に『英語対訳で学ぶ日本』がある。

関連情報

【出版のお知らせ】ジェイソン モーガン准教授 著書出版 『帝国の日本における法律と社会:末弘厳太郎と公義の追究』
"
Law and Society in Imperial Japan: Suehiro Izutarō and the Search for Equity"