お知らせ

イベント
入試情報
2022.07.01

【開催案内】「経済学部ワークショップ」を開催

2023年度 麗澤大学の入試に活かせるワークショップ

 本学では、7月17日、8月7日、8月21日の3日間の日程で、経済学部主催のワークショップを開催します。オープンキャンパスと同日開催です。
参加者の方には、修了書を授与いたします。

 本学の経済学部の入試(総合型選抜課題プレゼン型)や、同じく本学の経済学部主催の「SDGs2022 高校生ソーシャル・アイディアコンテスト」に活かすことができます。

 詳細は下記の通りです。

  • ■総合型選抜【課題プレゼン型】にて加点します。(要修了書)
    ・ワークショップ参加者には、内容により最大15 点書類審査にて加点します。
    ・複数回参加者は最も評価の高かった加点分を採用します。

    ■「SDGs2022 高校生ソーシャル・アイディアコンテスト」対策にご活用いただけます。
    ・アイデアの基礎となる経済学やビジネスの思考を、ワークショップを通して学ぶことができます。同コンテストで考えられた企画は、総合型選抜【課題プレゼン型】のテーマとしても利用することができます。

    保護者の方のご同席はご遠慮いただきますようお願いいたします。

    ポスターはこちら

  • 経済学部ワークショップ.jpg


全5コースのテーマから、ご自身が興味のあるワークショップにご参加ください。

コース テーマ 内容(個人またはグループ形式) 7.17 8.7 8.21

経済専攻

「その問題、経済学で解決してみよう!」

身近な個人の問題、家族の問題、社会の問題の解決策を「経済学の思考法」で考えるトレーニングを行います。社会人でも大学生でもなかなか論理的に物事を考えるのは難しいものです。そんなスキルを身につけて、小論文試験や入試対策、そして今後の人生に役立てましょう。

観光・地域創生専攻

「バーチャル観光を企画してみよう!」

現在のコロナ禍の中、観光業界は、移動に制約のある中での新しいタイプの様々な観光を提案して来ています。オンラインを活用したバーチャル観光はその典型ですが、単なる映像配信ではYouTube と変わらないので面白くありません。バーチャル観光には、実際に観光した気分になれる工夫が必要で、各社リアル感を生み出すための様々な工夫をしています。そうした事例を調べて、面白いバーチャル観光を企画してください。海外の方が利用したくなるような企画であると、マーケットが一気に広くなるので良いと思います。

経営専攻

(ビジネスデザイン)

「インフルエンサーマーケティングを考えてみよう」

現在ではTV・新聞・ラジオ以外にも多くのメディア(Youtube、Twitter、TikTokなど)があります。そこで「20代女性をターゲットとした、新たな健康的で満足感の高いヨーグルト」を販売するにあたり、インフルエンサーにPR を依頼することを想定し、「どのインフルエンサーに」「どのような内容で」PR を依頼するかのプロモーション企画案を作成してください。立案した企画案をもとに、なぜそのインフルエンサーに依頼するのが良いのか、そして、なぜその内容がターゲットに刺さるのか
を論じてください。
※「健康的で満足感の高い」の意味は皆さん自身で定義してください。細かくは指定しません。

経営専攻

(ファミリービジネス)

「親族が経営している会社(ファミリービジネス)において新しいビジネスを考えてみよう」

親族が経営している会社(ファミリービジネス)を題材にして、新しいビジネスや製品又はサービスの開発などの企画書を作成して、プレゼンテーションを行います。麗澤大学の教員(ファミリービジネス分野)と大学生(ファミリービジネスの後継者)が企画書の作成とプレゼンテーションのサポートを行います。当日は、①ミニ講義、②個人ワーク、③プレゼンテーション(質疑応答、アドバイス含む)などを実施します。

AI・ビジネス専攻

「売れるAI アプリを考えてみよう」

このワークショップではAI を活用したスマホアプリのアイデアを皆さんに考えてもらいます。このワークショップは2 部構成で実施します。第1 部は「AI とは何か?」というテーマで現在のAI ができることやAI の応用例を説明します。第2 部は、アプリの作り方のデモンストレーションをした上で、グループワーク形式で、皆さんの関心のある課題を解決するためのスマホアプリのアイデアを考えてもらいます。ワークショップに参加する際はスマートフォンを持参してください。

皆様のご参加をお待ちしています。