【海外メディア掲載報告】Lau Sim Yee教授の「マレーシアの 所得低位40%(約430万人)の人々に対する支援に関する政策提案」が 『New Straits Time (Malaysia)』に掲載されました
2020.1.16

Lau Sim Yee(ラウシンイー)教授の「マレーシアの 所得低位40%(約430万人)の人々に対する支援に関する政策提案」が、2020年1月11日の『New Straits Time (Malaysia)』に掲載されました。これで3回目の掲載です。

『New Straits Time』はマレーシアで発行されている英字新聞で、現在マレーシアで発行されている、最も古い新聞です。

記事全文はこちらよりご確認いただけます。(※外部サイトNew Straits Timeのウェブサイトへ飛びます)

ラウ先生は以前にもマレーシア税制改善に関する論説、そして日本・マレーシア商業・技術・知的・教育などの協力強化に関する論説が同サイトに掲載されております。

Lau Sim Yee教授