【海外メディア掲載報告】Lau Sim Yee教授の「Inconvenient Truth about Covid-19(Covid-19の不都合な真実)」と題する論説が 『New Straits Time (Malaysia)』に掲載されました
2020.2.17

Lau Sim Yee(ラウシンイー)教授の「Inconvenient Truth about Covid-19(Covid-19の不都合な真実)」と題する論説が、2020年2月15日(土)『New Straits Time (Malaysia)』に掲載されました。今回で4回目の掲載です。

『New Straits Time』はマレーシアで発行されている英字新聞で、現在も発行されているマレーシアで最も古い新聞です。

記事全文はこちらよりご確認いただけます。(※外部サイトNew Straits Timeのウェブサイトへ飛びます)

ラウ先生は以前にもマレーシア税制改善に関する論説、そして日本・マレーシア商業・技術・知的・教育などの協力強化に関する論説が、マレーシアの 所得低位40%(約430万人)の人々に対する支援に関する政策提案が、同サイトに掲載されております。

Lau Sim Yee教授