【メディア掲載報告】 国際学部 ジェイソン モーガン准教授の書評が、
「The University Bookman」に掲載されました。
2020.7.17

本学 国際学部 ジェイソン モーガン准教授が執筆した書評が、「The University Bookman」に掲載されました。(2020.06.21)

 モーガン准教授は、中国の古典哲学について書かれた、Edward Slingerland氏の著作である「Mind and Body in Early China: Beyond Orientalism and the Myth of Holism」についての書評を執筆。画期的な一冊と評し、ぜひ興味がある方に読んでもらいたいという気持ちで書評を執筆されたと語っています。

ジェイソン モーガン准教授の書評はこちらよりご確認いただけます。
(※外部サイト「The University Bookman」へ飛びます。)


【著者プロフィール】 Jason Morgan(ジェイソン モーガン) 麗澤大学 国際学部 准教授
1977年生まれ。 アメリカ合衆国ルイジアナ州出身。 専門は日本史、 法社会学史。  ハワイ大学アジア学学部中国研究学科修士課程修了後、 ウィスコンシン大学大学院博士課程修了。 著書に『アメリカも中国も韓国も反省して日本を見習いなさい』、『アメリカはなぜ日本を見下すのか? 間違いだらけの「対日歴史観」を正す』『リベラルに支配されたアメリカの末路 日本人愛国者への警告』、共著に『英語対訳で学ぶ日本』がある。