櫻井 良樹
櫻井 良樹 (SAKURAI, Ryoju)
職名
教授
研究科
言語教育研究科
学部
国際学部
学科
国際学科
関連するwebサイト
専門分野

・国際交流史
・近代日本政治外交史

研究テーマ

・東アジア近代政治外交史
・東京市政

学歴

・上智大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程 単位取得満期退学
・上智大学大学院文学研究科史学専攻博士前期 修了
・上智大学文学部史学科 卒業

取得学位

・博士(史学)(上智大学)
・文学修士(上智大学)
・文学士(上智大学)

受賞歴

・第33回大平正芳記念賞(大平正芳記念財団)
・学長賞(麗澤大学)

主要経歴

・麗澤大学大学院言語教育研究科 教授
・麗澤大学外国語学部 教授
・麗澤大学外国語学部 助教授
・麗澤大学外国語学部 講師
・麗澤大学外国語学部日本語学科 非常勤講師

著書

・『国際化時代「大正日本」』単著 吉川弘文館(2017.01.01)
・『華北駐屯日本軍――義和団から盧溝橋への道――』単著 岩波書店(2015.09)
・『明治時代史大辞典』1~4巻 共編著 吉川弘文館(2011~2013)
・『加藤高明――主義主張を枉げるな――』単著 ミネルヴァ書房(2013.12)
・『辛亥革命と日本政治の変動』単著 岩波書店(2009.12)
・『帝都東京の近代政治史』単著 日本経済評論社(2003.09)
・『阪谷芳郎東京市長日記』共編著 芙蓉書房出版(2000.03)
・『大正政治史の出発-立憲同志会の成立とその周辺-』単著 山川出版社(1997.02)
・『日本・ベルギー関係史』共著 白水社(1989.09)

先生をもっと知りたい

教員プロフィール

日本史の出身で日本近代政治史を専門とするが、本学では国際交流や国際関係の講義も持っている。講義(話)をすることよりも書くことの方が楽で、専門書を数多く有しているが、余り売れていないようだ。研究は実証を主として、理念的なことは余り語らない方針を貫いている。小は東京や地方都市の歴史から、大は国政の移り変わりまでを扱っている。昨年出した本が『華北駐屯日本軍』、今年予定されているのが『近代日本の歴史4 国際化時代大正』と、全10巻からなる『東京の歴史』の第3巻(通史編・近現代)。

教職員への一問一答

好きな言葉(座右の銘)を教えて下さい。
座右の銘といえるほどのものは、特にありません。
大学4年間で「学生に訪れてほしい場所」はどこですか?その理由も教えて下さい。
図書館。大学は歴史的に図書館を起源とし、そこが中心でなければならない。
大学4年間で「学生に読んでほしい本」は何ですか?その理由も教えて下さい。
1つの本ではなく多読(100冊以上)すること。自分の興味関心で、読む範囲を拡大していくことが大事。