教員紹介
花田 太平
花田 太平

HANADA, Taihei

職名 助教
研究科 ---
学部 外国語学部
学科 外国語学科
関連するWebサイトURL
専門分野
  • ・批評理論(Critical Theory)
  • ・英文学(English Studies)
  • ・西洋政治思想史(Intellectual History)
研究テーマ
  • ・ジョン・ミルトンと17世紀政治思想
  • ・ポスト世俗化社会における対話的寛容の政治理論
  • ・労働と痛みの公共性へ:ハンナ・アレント『人間の条件』の思想史的再検討
  • ・長期震災復興論:時間・記憶・死者
学歴
  • ・英国エクセター大学大学院英文学研究科博士課程 修了
  • ・英国エクセター大学大学院英文学研究科修士課程 修了
  • ・拓植大学外国語学部英米語学科 卒業
取得学位
  • ・Ph.D.(English Studies)(英国エクセター大学)
  • ・M.A. with Distinction(English Studies)(英国エクセター大学)
  • ・学士(英米語)(拓殖大学)
受賞(学術賞、教育賞、一般賞)
  • ・平成30年度若手・女性研究者奨励金、研究課題:「長期震災復興における記憶、トラウマ、死者の政治理論的研究」(日本私立学校振興・共済事業団)
  • ・Overseas Research Students Awards Scheme (ORSAS)(The Higher Education Funding Council for England (HEFCE), 英国)
主要経歴
  • ・明治大学商学部 兼任講師
  • ・麗澤大学外国語学部 助教
  • ・学術出版社 編集部員
  • ・英国エクセター大学英文学部 TA講師
著書
  • ・Samson in Labour: Milton and Early Modern Political Theology  単著  Reitaku University Press  (2019.02.20)
学術論文
  • ・ 'Milton, Marvell and the Cause of the Earth in Restoration Polemics, 1667-1677'  『麗澤大学紀要 』第101巻  単著  麗澤大学  (2018.03.01)
  • ・「大震災と死者の政治学」  『麗澤レヴュー』第23巻  単著  麗澤大学英米文化研究会  (2017.09.30)
  • ・「他者を求めるこころ:ハンナ・アレントと日本の戦後」  『新日本学』31号  単著  拓殖大学日本文化研究所  (2014.12)
  • ・「労働と共同体:パウロ批判」  『新日本学』28号  単著  拓殖大学日本文化研究所  (2013.03)
  • ・「思想としての服飾:幸田文『きもの』とその時代」  『新日本学』23号  単著  拓殖大学日本文化研究所  (2011.12)
  • ・‘The City and the Problem of Labour in Milton’s Samson Agonistes’  博士論文  単著  エクセター大学  (2011.06)
その他の業績
  • ・【論考】「ブレグジットが日本の政治に突きつけるものとは?」『季刊 自治レポート』第65号  単著  公益財団法人富士社会教育センター  (2019.08.30)
  • ・【学会発表】「サムソンはなぜ働くのか? ミルトンと初期近代政治神学」日本ミルトン協会第15回研究会(会場:神戸市立外国語大学)  単著  日本ミルトン協会  (2019.07.06)
  • ・【連載コラム】「『この世界の片隅に』と女性の戦争体験」(シン・映画的思考)『改革者』5月号  単著  政策研究フォーラム  (2019.05.01)
  • ・【連載コラム】「『君の名は。』と震災トラウマ」(シン・映画的思考)『改革者』3月号  単著  政策研究フォーラム  (2019.03.01)
  • ・【連載コラム】「GDPRと英国EU離脱」(世界の街角から、イギリス担当)『改革者』1月号  単著  政策研究フォーラム  (2019.01.01)
  • ・【研究ノート】’A Genealogy of Labour: Tracing a Keyword of Early Modernity’ Reitaku Review 24  単著  麗澤大学英米文化研究会  (2018.11.14)
  • ・【学会発表】「『語り口』の問題:アレントと歴史主体論争」  単著  第16回アーレント研究大会  (2017.09.10)
  • ・【書 評】Joanna Picciotto, Labors of Innocence in Early Modern England (Harvard UP, 2010)  H-Albion  単著  H-Net  (2010.11)
  • ・【学会発表】“Property in Paradise? : The Problem of Labour in Milton and Locke”  単著  第10回国際ミルトンシンポジウム(青山学院大学)  (2012.08)
  • ・【学会発表】“The Problem of Labour in Walter Benjamin’s Critique of Violence"   単著  The second annual critical theory conference, "Critical Theory: Violence and Reconciliation"(エクセター大学・英国)  (2010.09)