経済専攻
経済は、世界中の人々を強く結びつける重要な「共通言語」です。
価値観の違う人々が、どのようなルールでモノの価値を決め、取引しているのか。
経済がわかると、世界がわかる。未来が見えてくる。そんな学問です。

専攻の特色

経済という「生き物」をじっくり観察し、その原理と未来を探る。

そもそもお金って何?モノの値段はどう決まるの?そんな基礎から学んでいこう。

物価が上がったり下がったりするのは、なぜでしょうか。日本が不況の時、どうして景気が良い国があるのでしょう。その答えを教えてくれるのが、経済学です。まずは身近なできごとから経済活動の基本的なルールと仕組みを学びます。少しずつ理論と現実の関係を学習し、卒業時には実践的な課題解決力を身につけられます。
就職でも重視される「経済学検定(ERE)※1」に挑戦しましょう。
※1 経済学検定とはミクロ経済学、マクロ経済学、財政学、金融論、国際経済、統計学の6分野から総合的に経済学の実力を判定する検定です。

経済の根底にある「信頼」はどのように育まれるのか。グローバルに考える。

私たちが信頼できないお店で食事や買い物をしないように、世界レベルのビジネスも信頼関係で成り立っています。一見あいまいに思える信用や誠実さが、実は経済活動の重要なカギであることに着目したのが、建学以来の伝統を踏まえた「道徳科学」や「経済倫理」です。企業の社会的責任が重視される今、多くの企業や世界の学者からも注目される麗澤独自の考え方を、ぜひ身につけてください。

地域の商店や企業とコラボ。現実の課題にチャレンジして社会に通用する力をつける。

経済は生き物ですので、理論だけでは現実社会に通用しません。経済専攻では、1年次での基礎ゼミナール、2年次の経済学基礎演習、3・4年次のゼミナールをはじめ、実践的な学びを数多く用意しています。地元商店と提携したワークショップから大手企業とのインターン型授業、世界を舞台にする「全米模擬国連大会」まで、多彩なスケールで社会を学べます。課題設定やチームでの協業、人に伝わる発表の仕方など、社会で活きる実力がつきます。

4年間の学習の流れ

幅広い分野に興味・関心を広げてから、専門性と実践力を高めていく。
1年次
基礎的な理論を学び経済の仕組みを理解。
「経済原論」と「基礎ゼミナール」の連動授業を中心に、経済の原理原則から学びます。

先生からひとこと!

経済学の基本となる用語や理論は難しく感じられるかもしれませんが、実際の生活と関連づけて、わかりやすく解説します。

2年次
専門分野に踏み込み学ぶ方向を決めます。
マクロ経済学やミクロ経済学、入門計量経済学など、幅広い専門分野に一歩踏み込みます。

先生からひとこと!

経済学の幅広い専門領域を学び、次年度のゼミナールに向けて「自分が興味を持てる分野」を見極めてください。

3年次
ゼミナールがスタート。専門性を深めます。
ゼミが始まり、テーマを絞った学習へ。ワークショップ型の授業も増えます。

先生からひとこと!

街に出て地域社会のあり方を考える実践型授業などを通して、理論だけでない生きた経済学を学んでください。

4年次
卒論に向けて研究。社会と向き合います。
「残すは卒論のみ」となる学生が大半。これまでの学習を卒業論文と就活に注ぎ込みます。

先生からひとこと!

3・4 年次の「上級専門科目」で現実の企業や業界を学んだ経験を踏まえ、最高の活躍の場を見つけてください。

Focus on! 【経済専攻】

経済を多面的に学ぶことで、社会を生き抜く力が身につきます。

経済学は、「社会の動きの基本法則」を学ぶ学問です。単にお金のことを考えるのではなく、世の中の仕組みを広く知ることができるのです。たとえば、物やサービスの値段はどうやって決まるのか。過疎化や少子化はなぜ起きるのか。世の中の多くの出来事は「経済」というキーワードでつながり合っており、経済専攻で色々な科目を学ぶうちに、複雑な社会を生き抜くのに必要な知識や考え方が自然と身につきます。中でも、これからのビッグデータ時代に求められる「実践力」「分析力」「思考力」は、卒業後の大きな武器になるはずです。基礎の基礎から高度な理論まで、広く深く、楽しく知識を吸収してください。

経済専攻で身につく3つの力

身近な課題から学ぶ 実践力

経済専攻には、課題解決型の授業が豊富にあります。本学は柏市と包括提携を結んでおり、商工会と連携した商品開発や市内の手賀沼の活性化など、毎年学生たちが現実の課題に向き合い、独自の解決策を立案、実践しています。机上の理論でない“生きた経済”を体感することで、高い「実践力」が身につきます。

力が身につく学び

基礎ゼミナールA・B/経済学基礎演習A・B/経済実務演習Ⅰ〜Ⅳ/コミュニティデザイン演習/公共政策演習

数字を読み解く 分析力

現代の社会は数字に溢れています。表面的な数字の大小の比較だけでなく、数字に潜む意味を読み解くセンスを磨けるのも、経済専攻の特色です。株価や失業率、GDP等、よく目にする経済指標にはどんな意味があるのか。関連する科目を体系的に履修することで、データに対する鋭い「分析力」が身につきます。

力が身につく学び

基礎数学/経済数学基礎/統計学A・B/入門計量経済学A・B/経済統計学

理論的に考える 思考力

様々な事象を理論的に考える力を、1年次からじっくり育てます。さらに、より高度な学びを目指したい人のために、「経済学検定」への挑戦を奨励しています。基礎理論から統計学を駆使した分析まで、幅広い知識と能力が問われる検定ですが、受験勉強をするだけでも計画性や継続力が身につきます。

力が身につく学び

経済原論A・B/マクロ経済学A・B/ミクロ経済学A・B/「経済学検定試験」への挑戦

授業紹介

授業紹介1

世界一わかりやすい経済の授業。

【経済原論A・B】

「基礎ゼミナール」とセットで経済の基本を理解しよう。

経済原論を学べば、社会人として必要最低限の経済知識を習得できます。前期は、ミクロ経済学からスタート。“家計”と“企業”という主人公が、“市場”という舞台で繰り広げるドラマを学びます。後期はマクロ経済学です。“政府”と“中央銀行”が、経済成長と物価・雇用の安定を目指すドラマです。この授業に続く「基礎ゼミナール」で同じテーマを別の側面から解説してくれるので、理解が一気に深まります。“世界一わかりやすい経済原論の授業”と言えるでしょう!

下田 健人 教授
  • 下田 健人 教授

授業紹介2

大学で学ぶための基礎力を習得。

【基礎ゼミナール A・B】

経済の時事問題を考えながら大学流ノート筆記法も学ぼう。

基礎ゼミナールの目的のひとつは、ノートのとり方や文章の書き方など、大学での学びの基礎を身につけること。もうひとつが、経済理論の基礎を学習することです。経済原論の授業と連携して、その授業で学んだ内容を少人数の基礎ゼミナールで復習をすることで、効果的に知識を定着できます。特に“理論と現実社会の関係”を実感してもらえるよう、時事的な話題を多く取り上げ、その背景にある経済論理をわかりやすく解説していきます。経済学の面白さを発見できる、入門編の授業です。

陳 玉雄 准教授
  • 陳 玉雄 准教授

授業紹介3

経済問題を倫理の視点から考える。

【経済倫理 A・B】

経済の根底にある倫理観を問う麗澤大学独自の「道経一体」科目。

経済問題の根底にある「倫理観」や「規範意識」について考える授業です。創立者の廣池千九郎が「道徳と経済は本来一体のものである」として提唱した「道経一体」の考えに基づく、麗澤大学独自の科目です。授業では現実の問題を多く取り上げます。たとえば格差問題。「格差はどこまで許容されるか」は、個人の価値観や規範意識によって異なります。その多様性を踏まえながら、「自分はどう考えるか」を深く問うことで、冷静な頭脳と温かい心を身につけてほしいと願っています。

大野 正英 教授
  • 大野 正英 教授

在学生の声

勉強の面白さに目覚め、多くの資格にも挑戦中です。
  • 真通 友貴

    真通 友貴
    経済学科4年
    千葉県立流山おおたかの森高等学校出身

  • 将来、地域問題や都市政策に関わる仕事に就きたいと考え、宅地建物取引士の資格取得に役立つカリキュラムを持つ麗澤大学を選びました。あまり知られていませんが、麗澤大学には様々な資格につながる授業がたくさん用意されています。
    入学してからは、経済学の面白さに魅了されました。ミクロ経済学と経済実務演習の授業で教わった、企業利益の最大化という課題に興味を持ち、自分で参考書を購入して深く勉強しました。勉強するクセがついたおかげで、2年次に受検した経済学検定試験でランクB+を取得することができました。FP3級も取得し、今は簿記の勉強にも取り組んでいます。
    麗澤大学だから手にできた多くの資格と経済学の知識を、最大限に活かせる仕事に就くことが、今の一番の目標です。

    私の履修科目〔3年次/前期〕

    履修科目

「夢」を「目標」に変えてくれる大学です。

元々不動産の仕事に興味を持っていたのですが、大学で経済学を幅広く学ぶうちに、自分が本当にやりたいことがわからなくなった時期がありました。キャリアセンターへ行くと、職員がじっくりと話を聞き、的確なアドバイスをしてくれました。漠然とした夢を明確な目標に変えてくれる大学ですね。

麗澤ジャーナル 経済専攻 リアルストーリーはこちら