経済学部 経済学科

経済専攻

経済学の理論とデータに裏づけられた
冷静な頭脳と温かい心を育む

専攻の特⻑

  • 専攻の特⻑
  • 経済学は「社会の動きの基本法則」を学ぶ学問です。過去・現在・未来のありとあらゆる社会課題や経済問題について原因や解決策を理論的に考え、データにもとづいて客観的に検証します。さらに「道経一体」の温かい心に基づく実践力を身につけます。「人生100年時代」をポジティブにとらえ、今後発生するであろう新しい課題を発見し、解決策を探っていきます

    3つのポイント

    • 経済学にもとづいた論理的な思考力を養う
    • データにもとづいた客観的な分析力を養う
    • 「道経一体」の温かい心で課題に向き合い、仲間と協働する力を培う

4年間の流れ

経済学の学びと高い道徳心で課題に挑む

  • 1年次

    経済学を通じて社会のさまざまな課題を発見

    1年次は経済学の基礎を学びながら、論理的思考力や統計学にもとづく分析力を身につけていく期間です。過去・現在・未来のあらゆる社会・経済問題について、その原因や解決策を経済学から論理的に考えます。

    入門経済学、基礎ゼミナール、統計学基礎

  • 2年次

    仲間と協働し、現実社会の課題解決に挑戦

    グループ学習で仲間と協働し、現実にある課題の解決に挑みます。交通渋滞の解消や非婚化など経済学とは無関係に見える社会課題も、経済学やデータサイエンス系科目で学んだ知識を使って考察します。
    「2年次コース選択制度」 を採用。2年次進級時に、各自の興味・関心に合わせて4つのコースから選択します。
    ■ 経済コース
    現代社会が抱える経済課題の本質を理解する
    ■ 観光・地域創生コース
    地域や観光業が直面する課題の解決に取り組む
    ■ 経済データサイエンスコース
    データにもとづいて意思決定できる人材を育成
    ■ 国際経済・金融コース
    語学力と経済学を身につけ、内外で活躍するグローバル人材を育成

    基礎専門演習、入門計量経済学、ミクロ経済学、マクロ経済学

  • 3年次

    専門性と温かい心で経済課題に取り組む

    様々な経済学の専門科目を学ぶことで自身の中に専門性を培い、多様化する社会問題に取り組みます。その際、「道経一体」の理念にもとづき、温かい心で社会問題に向き合う道徳心を磨きます。

    環境経済学、都市経済学、経済政策、道徳と経済、ゼミナール

  • 4年次

    学びの集大成。「真の経済人」を目指す

    人生の恵みを享受できるよう「人生100年時代」を前向きにとらえ、今後発生する新しい課題の発見や解決策を考えます。「真の経済人」を目指して学びを集大成し、社会に羽ばたく前の総仕上げをします。

    ゼミナール、EBPMの事例と実践

授業紹介

  • 入門経済学AB

    入門経済学AB

    担当:大越 利之 教授

    実際に起きている経済現象を理解し、社会課題に関心を持つことに主眼を置いた1年次の最重要科目です。家計、企業、政府という登場人物が、市場という舞台で繰り広げるドラマを学びます。基礎ゼミナールという少人数の授業と連携し「世界一わかりやすい経済学の授業」を目指しています。

  • 金融論

    金融論

    担当:中島 真志 教授

    金融とは「おカネの流れ」のことです。この授業では、金融のプレーヤー(誰が)、金融のマーケット(どこで)、金融取引の手法(どのように)などについて学びます。住宅ローンやキャッシュレス決済手段については、学生の皆さんにも身近なテーマとして人気です。人生100年時代の資産運用についても興味を持って取り組んでいる学生が多いです。

  • 基礎専門演習(観光・地域創生コース)

    基礎専門演習(観光・地域創生コース)

    担当:籠 義樹 教授

    頭と体を動かして現実の社会課題の解決に取り組む授業です。観光資源や地域的資源と地域経済・経営との結びつきを学び、地域創生のあり方を考えます。また、日本のサブカルチャーの海外発信の発想と仕組みを理解し、連携企業への企画・立案も行います。

  • 計量経済学

    計量経済学

    担当:池川 真里亜 准教授

    社会の問題や地域・世界の問題について、現実の数値データを用いて自らの手で分析を行うことで理解を深めます。客観的なデータから分析・評価を行うことで、社会全体の抱える様々な問題について、新たな課題の発見や政策の評価、解決策の提案を模索することを目指します。

  • 世界経済論

    世界経済論

    担当:萩野 覚 先生

    先進国と発展途上国、中国・ロシアの権威主義経済と欧米日の自由主義経済を対比しながら、「世界の中の日本」の立ち位置について議論します。また、巨大多国籍企業がグローバルバリューチェーンを形成して経済活動を行っていることに着目し、日本企業の国際戦略のあり方について学びます。

学⽣インタビュー

この専攻を選んだ理由は?

経済専攻を選んだ理由は、私はもともと起業に興味があり、企業のことはもちろん、それを取り巻く経済にも興味があったため経済専攻を選びました。経済学を学んでおけば、お金や人、モノなどの流れや市場の仕組みなど、社会全体の動きを知ることができるため、社会に出てから大いに役立つと思いました。実際に学んでみて、経済学の重要性を実感しているので、経済専攻でよかったと感じています。

特に力を入れて学んでいることは?

特に力を入れて学んでいるのは、行動経済学です。行動経済学は従来の経済学とは違い、心理学などを織り交ぜ、経済学を補助する学問です。行動経済学は日常の中にも非常に多く使われていて、比較的簡単な手法で実施することができます。私はこの行動経済学を用いて、実践的な問題解決に取り組んでいます。具体的には、アフリカで貧困に苦しむ農家に対し、合理的な選択に誘導することで貧困から抜け出してもらうことを目指す研究をしています。

学⽣インタビュー
笹谷 直生 4年/千葉県立若松高等学校出身

取得できる資格

TOEIC®/ITパスポート/基本情報技術者試験/Python3エンジニア認定基礎試験/(公財)CG-ARTS協会 Webデザイナー検定 ベーシック・エクスパート/(公財)CG-ARTS協会 マルチメディア検定 ベーシック・エキスパート/MOS(Microsoft Office Specialist)/日商簿記検定3級/統計検定試験3級・2級/ファイナンシャル・プランニング技能検定3級・2級/経済学検定試験(EREミクロ・マクロ)

⽬標とする進路

公務員(都道府県・市区町村)、メーカー、商社、金融、IT、物流、建設・不動産、旅行・観光、各地域の共同組合、地域コーディネーター、国際公務員、グルーバル企業など