経済学部 経済学科経済専攻

経済学は、「社会の動きの基本法則」を学ぶ学問です。
物やサービスの値段はどのように決まるのか。
企業はどのような原理で動いているのか。
世界を動かす経済の基本を知ることで、
複雑な社会を⽣き抜く⼒が⾝につきます。

学びの特色

暮らしに関連した経済活動の
「なぜ?」を解き明かす。

物価が上がれば暮らしは苦しくなるはずなのに、なぜ⽇本銀⾏は物価上昇率の⽬標を設置するのでしょう。
豊かな経済⼤国が、なぜ⾼い関税をかけ合うのでしょう。まずは⾝近な出来事から経済の仕組みを学び、徐々に理論と現実の関係を学習。理論的思考⼒を鍛えることで、現実社会への対応⼒を⾝につけます。

グローバル時代に求められる
「信頼」の意味を考える。

経済は、決してドライな損得勘定だけでは動きません。特に近年は、フェアトレードや持続可能な開発⽬標(SDGs)などが経営の重要なキーワードとなり、企業倫理が問われるようになっています。企業の利益や成⻑と、倫理や道徳との関係に着⽬したのが、建学以来の伝統である「道経⼀体」理論です。

社会に溢れる数字の意味を知り、
データ分析⼒を磨く。

経済活動の成果は、売上⾼や成⻑率などの数字で表されます。株価や失業率、GDPなど、⽇々⽬にする数字の意味を学ぶのも、本専攻の特⾊です。これから訪れるAI時代において経済⼈に求められるのは、集められたデータを的確に処理する⼒に加え、データの意味を経済学的知⾒で読み解く分析⼒だと考えます。

4年間の学習の流れ

幅広い分野に興味・関⼼を広げてから、専⾨性と実践⼒を⾼めていく。

多様な視点で学ぶ経済学

伝統的な経済学を「企業のモラル」の観点から再構築

伝統的な経済学では「⼈は合理的な⾏動をとる」ということを⼤前提としていますが、最近の経済学では不合理な「⼈の⼼」を取り⼊れる試みもあります。では、現実の企業経営において、どのような⾏動が「利益の最⼤化」につながっているのでしょうか。
実は、⽇本的な「三⽅よし」の利他的な⾏動が⼤きな利益につながるケースがあることも、研究によって明らかになっています。
本学の創⽴者・廣池千九郎が提唱した「道徳経済⼀体」理論は、まさにそれを経験的に証明したものでした。
本学部では、伝統的な経済理論と企業モラルを結びつけた" ⾎の通った経済学" を学ぶことができます。

身についた経済学の実力を客観的に把握

経済学が扱う研究テーマは「何でもあり」です。ただし、専門分野に足を踏み入れるには基礎的な経済学の知識が求められます。本学部では「ERE(経済学検定試験)」を団体受験し、それぞれの学生が客観的に自分の実力を把握します。就職活動での自己アピールや公務員試験対策にもつながります。

授業紹介

公務員試験対策にも有効。

ミクロ経済学
森田 龍二 助教
「なぜか」や「たとえば」。
⾝近な例で理解を深める。

標準的なミクロ経済理論の理解が⽬標。市場において、財の価格の決まり⽅、価格の果たしている役割を学ぶことで、たとえば、消費税増税や円⾼など現実の問題に対する⾒⽅も鋭くなります。また、論理的思考⼒が養われ、公務員試験やERE(経済学検定試験)の過去問なども素材にするので、就職活動・試験対策にも有効かと思います。

分析という武器を⼿に⼊れる。

⼊⾨計量経済学
池川 真里亜 助教
数学が苦⼿という学⽣こそ
受講してもらいたい。

計量経済学の⼊⾨には、慣れることが近道。2〜3⼈のグループごとにテーマを設定し、実際にデータを収集・分析し、結果を発表する中で、データ収集や分析のコツ、推定結果の読み⽅を学びます。最初「数字」に躊躇している学⽣も、因果関係を数値で分析する⼿法が⾝につき、物事の⾒⽅に広がりが⾒られるようになります。

ほかの経済学とは少し異なる視点を。

経済倫理
大野 正英 教授
公共性や利他性など、
近年特に注⽬が集まっている領域。

格差問題、市場と政府の関係、財政⾚字、SDGsなど多様な経済問題を取り上げ、その背景にある倫理的問題や価値規範などについて、経営、政治、社会、環境など幅広い領域と関係づけ複眼的に考えていきます。
倫理や道徳について考えるということは、⾃分⾃⾝の価値観をも問うこと。深い学びへの良い機会となると思います。

⽬指せる資格/職業

⽬指せる資格

TOEIC® /ファイナンシャル・プランニング技能検定3級・2級/経済学検定試験(EREミクロ・マクロ)/⽇商簿記検定試験3級・2級・1級/ ITパスポート/基本情報技術者試験/ネットワーク接続技術者全種/情報セキュリティマネジメント試験/ MOS(Microsoft Office Specialist):スペシャリストレベル・エキスパートレベル/ MTA(Microsoft Technology Associate):マイクロソフトテクノロジーアソシエイト/ QC検定3級/スポーツリーダー/アシスタントマネジャー/認知症予防ファシリテーター2級/レクリエーション・インストラクター/BLS(⼀次救命処置)/スポーツ・レクリエーション指導者/ICTプロフィシエンシー検定試験(P検)/統計検定試験3級・2級/ Python3エンジニア認定基礎試験/経営学検定試験

進路のイメージ

公務員(都道府県・市区町村・警察・消防)、商社、メーカー、銀⾏、証券、建設・不動産、ホテル、旅⾏、各地域の協同組合 など