経営専攻
社長になったり、起業したりするだけが、“経営”ではありません。
たとえば部活で、仲間と協力して組織をうまく運営していくのも、“経営”の1つ。
あらゆる組織の“マネジメント”に必要な知識と能力を養うのが、経営専攻です。

専攻の特色

“マネジメント力”を手に入れて、“良き経営人”を目指す。

“良き経営人”に必要な人間力と知識を体系的に身につけることができる。

経営専攻は“良き経営人”の育成を目標にしています。“良き経営人”とは、“信頼される人格と、頼りになる経営センスを持つ人”のこと。どんな組織も、人と人との信頼関係で動きます。信頼される人には、より大きな役割が与えられ、その役割が人を成長させます。そして、信頼の基盤になるのが、経営センスです。“人格”と“経営センス”をバランスよく伸ばすのが、この専攻の特色です。

実践的な対応力や課題解決力を育てる少人数の「体験型授業」がメイン。

経営学は、常に変化する現実社会を相手にします。なので授業は、「自分で動き、考える」体験型・演習型がメイン。1年次の必修である「基礎ゼミナールA・B」では、自分が経営者になって会社を運営するビジネスゲームを行ったり、提携している企業から与えられた経営課題を解決したりします。リアルな課題にグループで取り組むことで、実践的な経営センスと人間力がどんどん鍛えられます。

常に未来のキャリアを意識し、“自分をアップデートする力”を高める。

この専攻が育てるのは、テストのできる人でなく、実社会で活躍する人材です。そのために、1年次から将来のキャリア=就職を強く意識した指導を実施しています。2年次の「経営学基礎演習A・B」など多くの授業で、ビジネスメールやレポートの書き方、プレゼンテーションの方法など、社会人の基礎力を身につけます。激動の社会で、常に自分をアップデートできる人であってください。

4年間の学習の流れ

理論と実践を行き来して、本物の知識と力を手にする。
1年次
経営を体感しながら幅広く基礎を学びます。
ビジネスゲーム等を活用し、“売上と利益の違い”など経営の基礎をじっくり学習します。

先生からひとこと!

なじみのない経営用語やビジネスでのお金の動きなども、実例を交えてわかりやすく解説していきます。

2年次
幅広く基本を学び、現実と結びつけます。
経営組織論やマーケティング総論など、さらに幅広く経営学の基礎理論を学びます。

先生からひとこと!

学ぶ範囲が広がり難しく感じるかもしれませんが、「企業や社会とどうつながるか」を常に確認し、知識を固めます。

3年次
専門領域に踏み込み、深く学習し始めます。
ゼミナールをはじめ、人事管理論や経営戦略論など専門的・実践的な授業が中心となります。

先生からひとこと!

現実のマネジメントを体験する授業が増えてきます。考え、話し、動き、経営を体で覚えていきましょう。

4年次
「良き経営人」として社会に出る仕上げです。
道徳経営特論など企業コンプライアンスについても学び、社会で活躍するための準備を仕上げます。

先生からひとこと!

これまで学んだ経営の知識を実践に移すのが就職です。あなたの力を活かせる就職を、専攻全体で応援します。

Focus on! 【経営専攻】

企業と直にやり取りすることで、学ぶことの重要性を痛感する。それが成長の動機となります。

1年次の必修授業で、企業とコラボレーション

 「経営学は、企業とともに学ぶべきだ」というのが、経営専攻のモットーです。そこで1年次の必修授業である「基礎ゼミナールB」で、企業とのコラボレーションを実施しています。2017年度は5つの企業にご協力いただき、たとえば印刷会社からは「社風にあった新規事業の提案」、食品メーカーは「新商品開発と売り方の提案」といった課題が出されました。学生たちは各社のインターンになるという設定で、グループで課題に取り組みます。企業研究やマーケットリサーチを積み重ねて企画を練り上げ、最後はパワーポイントを使って企業にプレゼンテーションを実施。
この経験を通して、学生は「自分は何も知らない」ことを自覚します。それが動機となり、学習に力が入るのです。また早くから企業と接触することで、就職に向けた意識も高まります。学生たちに最高の学びを経験してもらうために、協力企業探しなど、私たち教員も全力でサポートしています。

  • 基礎ゼミナールB

授業紹介

授業紹介1

企業経営の基礎を学ぶ。

【基礎ゼミナール A】

遊び心を刺激する「 ビジネスゲーム」で経営学を身につける!

ビジネスゲームでは、学生自身が経営者となって、経営の様々なシチュエーションを学べることが魅力で、ゲームを通じて経営や会計を楽しく体験しつつ、マネジメントに必要なスキルや深い知識を得ることができます。バーチャルな会社体験と言っても、利益や損益を比較しながら、何をどうするか?どう決断するか?ということは実社会と変わりません。マネジメントスキルを問われながら、参加する学生は笑ったり、凹んだりしながら経営の基礎を学びます。

吉田 健一郎 准教授
  • 吉田 健一郎 准教授

授業紹介2

企業の社会的責任を考える。

【ビジネスエシックス B】

たくさんの実例に触れて企業倫理の必要性を探ろう。

製品の表示偽装など不祥事が起こると、企業の“ガバナンス”や“コンプライアンス”の重要性が叫ばれます。では、そもそも企業にはどんな社会的責任があり、法律ではどう定められているのでしょうか。またグローバル化が進むと、求められる企業倫理はどう変化するのでしょうか。不祥事を起こした企業の再建や政府の審議会委員などを経験している先生が、豊富な実例をもとに解説します。一方的な講義でなく、ドラマを鑑賞して学生と先生が意見を交わすなど、対話重視の授業です。

髙 巖 教授
  • 髙 巖 教授

授業紹介3

組織と個人の関係を深く理解する。

【経営組織論 A・B】

自分自身を徹底的に見つめ直し組織で生き抜くヒントを掴もう。

テーマは「組織における人間行動」。私たちは、誰もが何らかの組織に属しています。では「組織」とは何なのでしょうか。人間は組織のなかでどのように行動するのでしょうか。前期の「経営組織論A」では、組織と管理の基礎理論を学んだ後、「組織における個人」について考察します。後期の「経営組織論B」では、「組織のなかの集団」と「組織全体」の行動について考えます。この授業を「自分自身を徹底的に見つめ直す」機会にして、組織のなかで自分らしく生きるためのヒントを掴んでください。

中野 千秋 教授
  • 中野 千秋 教授
夢ナビライブ講義ライブを動画で見てみよう!

在学生の声

経営の多様性を学び、考え方が柔軟になりました。
  • 矢島 孝倫

    矢島 孝倫
    経営専攻 3年
    茨城県立藤代紫水高等学校出身

  • 企業が経営理念を実現するために、「ヒト」「カネ」「モノ」「情報」という経営資源をどのように活用すべきか、それを考えるのが経営学です。個人的には、一番重要なのは「ヒト」だと思っています。その「ヒト」を大切にする“道徳的経営”を学べるのも、麗澤大学の特徴です。
    「自主企画ゼミナール」など、ひとつの課題をみんなで考え、意見を出し合う授業が好きです。考え方は十人十色で、自分では考えつかないような意見が友人から飛び出すことがあり、とても刺激になります。その影響で、最近は企業に関するニュースを見ると、その背景を色々と考えるようになりました。発想がとても柔軟になったと思います。一念発起して簿記3級に挑戦し、1回で合格できたことは自信につながりました。麗澤大学は、眠っているやる気を起こしてくれる大学です。

    私の履修科目 〔2年次/後期〕

    履修科目

将来の起業を目指し、流行への感性も磨いています。

私は将来、起業をしたいと考えています。授業は一番前の席に座り、積極的に参加しています。また東京ビッグサイトなどで行われる投資やフランチャイズのイベントに参加して、自主的に勉強しています。見やすいプレゼン資料のつくり方は、そこで学びました。流行にも注目し、感性も磨いています。

麗澤ジャーナル 経営専攻 リアルストーリーはこちら