経済学部 経営学科経営専攻

社長になったり、起業したりするだけが、
"経営" ではありません。
たとえば、部活で仲間と協力して
組織をうまく運営していくのも、"経営" のひとつ。
あらゆる組織の"マネジメント" に必要な
知識と能力を養うのが、経営専攻です。

学びの特色

"人格" と"経営センス" を、
バランス良く伸ばす学び。

本専攻では"良き経営人" の育成を目標にしています。"良き経営人"とは、"信頼される人格と、頼りになる経営センスを持つ人" のこと。どんな組織も、人と人との信頼関係で動きます。信頼される人には、より大きな役割が与えられ、その役割が人を成⻑させます。そして、信頼の基盤になるのが経営センスです。

自分で考える、
体験型・演習型の授業を中心に展開。

1年次の必修である「基礎ゼミナールA・B」では、自分が経営者になって会社を運営するビジネスゲームを行ったり、提携している企業から与えられた経営課題を解決したりします。経営学は、変化する現実社会を相⼿にする学問。リアルな課題に取り組むことで、実践的な経営センスと人間力が鍛えられます。

未来のキャリアを意識し、
自分をアップデートする。

本専攻が育てるのは、テストのできる人でなく、実社会で活躍する人材です。そのために、1年次から就職を強く意識した指導を実施しています。さらに2年次の「経営学基礎演習A・B」など、多くの授業でビジネスメールやレポートの書き方、プレゼンテーションの方法など、社会人の基礎力を身につけます。

4年間の学習の流れ

理論と実践を行き来して、本物の知識と力を手にする。

授業紹介

家業を継ぐ可能性のある人もない人も。

ファミリービジネス論
近藤 明人 准教授
同族企業独⾃の特性と課題を考え
事業の永続性や承継の⽅法を考える。

ファミリービジネス(同族企業)は、⼀般企業よりも業績に優位性があり、より長く存続すると言われます。その要因はどこにあるのか、多面的に考察します。一方で親族間の対立や、⼀族関係者の私益を優先するなどの不合理性も存在し、「ファミリーの不合理性」と「ビジネスの合理性」を調整するシステムについても検討します。

激動の時代を生き抜く知恵を。

経営史
佐藤 政則 特任教授
歴代の企業や企業家たちから、
ビジネスおよび戦略を学ぶ。

現在の経済社会は、ひとつの時代の終わり、新たな時代の始まりを感じさせる大きな転換期にあります。この「時代」という変化する生き物を、経済の視点からつかんでみたい、見通してみたいと思った時に欠かせないのが、歴史的視点です。過去の成功事例を振り返りながら、これからのビジネスに活用する方法を思案します。

経営に活かすテクノロジー。

経営情報
吉田 健一郎 准教授
これからのビジネスのあり方、
⾃分の未来についても考える。

業務の効率化とサービスの利便性向上のためのテクノロジー導入と、ナレッジやイノベーションを生み出すマネジメントのためのテクノロジー利活用を学びます。AIによって社会が変わっていく中で、「若⼿」「現場」で活躍している外部講師を招聘し、知識よりも、考え方を身につけることを重視した授業を展開していきます。

目指せる資格/職業

目指せる資格

TOEIC® /ファイナンシャル・プランニング技能検定3級・2級/経済学検定試験(EREミクロ・マクロ)/日商簿記検定試験3級・2級・1級/ ITパスポート/基本情報技術者試験/ネットワーク接続技術者全種/情報セキュリティマネジメント試験/ MOS(Microsoft Office Specialist):スペシャリストレベル・エキスパートレベル/ MTA(Microsoft Technology Associate):マイクロソフトテクノロジーアソシエイト/ QC検定3級/スポーツリーダー/アシスタントマネジャー/認知症予防ファシリテーター2級/レクリエーション・インストラクター/BLS(⼀次救命処置)/スポーツ・レクリエーション指導者/ICTプロフィシエンシー検定試験(P検)/統計検定試験3級・2級/ Python3エンジニア認定基礎試験/経営学検定試験

進路のイメージ

起業家(ベンチャー)、経営者、管理職、企画職、営業職、メーカー・商社・IT企業 など