スポーツビジネス専攻
“経営力”“人間力”を備え、スポーツビジネスを通じて地域社会やグローバル社会で貢献できる人材を育成します。

学びの特色

“スポーツビジネス界で活躍できる人材”を育てる。時代の要請に応える画期的な専攻。

理論と知識を幅広く学び、スポーツビジネスを生涯の仕事にする力を磨く。

今、子どもや高齢者向けのスポーツ教室を運営できる人材や、スポーツイベントをマネジメントできる人材のニーズが急速に高まっています。この専攻は、「スポーツビジネスを一生の仕事にするために必要な理論・技術・ノウハウ」を学びます。実践的な学びにより、スポーツビジネスで活躍できる人材を育成します。

スポーツビジネスで活躍するために必要な“経営力”“人間力””スポーツ力”を養成。

スポーツクラブやスポーツイベントを運営するための“経営力”。また、クラブやイベント参加者と運営スタッフとの良好な関係が築ける“人間力”、スポーツの知識や技術である”スポーツ力”がスポーツの現場では必要とされています。実践的なカリキュラムでこれらの力を養います。

地域スポーツ振興やスポーツビジネスに必要な資格取得も全面的にサポート。

地域でスポーツクラブの運営や指導を行う際には、日本体育協会公認「スポーツリーダー」「アシスタント・マネジャー」などの資格、また、スポーツイベントの開催には、日本レクリエーション協会認定「レクリエーション・インストラクター」資格が有効です。これらの資格につながる授業や実習が豊富にあります。また、星槎大学との提携により「保健体育」の教職免許も取得可能です。

4年間の学習の流れ

“スポーツビジネス界で活躍できる人材”を育てる。
時代の要請に応える画期的な専攻。
1年次
まずは経営の基本を徹底的に学習します。
「経営学概論」や「健康科学」などを通じて、経営の全体像とその基本やスポーツについて学びます。

先生からひとこと!

「スポーツ・健康と社会」などを通じて、現代社会におけるスポーツの役割や問題点、スポーツビジネスについても理解を深めていきます。

2年次
スポーツビジネスに必要な知識を学びます。
プロジェクト型授業で、スポーツを生涯の仕事とする力を身につけていきます。「スポーツ科学概論」の授業もスタートします。

先生からひとこと!

「スポーツコンディショング実習」「機能解剖学」などの授業でスポーツの現場で必要とされるトレーニング方法なども学習していきます。

3年次
実践を通じて知識を自分のものにします。
スポーツ団体・企業やプロスポーツチームでのインターンシップなど、実践を通して将来の仕事につなげます。

先生からひとこと!

顧客や同僚などと円滑にコミュニケーションしていくためのノウハウも学ぶ「コーチング」の授業もあります。

4年次
スポーツを社会に活かす仕事を目指します。
マーケティングや経営組織論など、マネジメントに必要な知識を引き続き学んでいきます。

先生からひとこと!

スポーツ団体や企業に精通した講師陣のアドバイスを受けながら、自身の競技と志向に合った道を見つけてください。

取得可能な資格

  • 「スポーツリーダー」「アシスタントマネージャー」((公財)日本体育協会)
  • 「認知症予防ファシリテーター」(NPO法人認知症予防センター)
  • 「レクリエーション・インストラクター」(公財)日本レクリエーション協会)
  • 「保健体育」教職免許(星槎大学との提携)
  • 「スポーツレクリエーション指導者」(公財)日本レクリエーション協会
  • 「BLS(一次救命処置)」(NPO法人日本ライフセービング協会)

◎ 部活動と連携して、競技力と指導技術の向上を実践的に学びます。

指定クラブ/陸上競技部、野球部、テニス部、空手道部、弓道部、サッカー部、剣道部、女子ラグビー部

Focus on! 【スポーツビジネス専攻】

柏レイソルなどプロチームの課題を解決せよ!

プロスポーツチームを支援する。

地元プロスポーツチームから提示された課題に対し、学生が主体となって具体的な解決策を企画立案するPBL(課題発見解決型)学習です。本学が教育連携協定を締結している柏レイソルからは、過去にファン感謝デー企画や年間シート特典グッズ企画などの課題が提示されました。また、千葉ロッテマリーンズに勤務する本学OBを特別講師として招いたり、同球団柏後援会から企画案の作成を依頼されるなど、多彩な課題に取り組んでいます。将来スポーツビジネスで活躍するための土台となる、刺激的な授業です。

スポーツPBL | 担当教員

豊嶋 建広 特任教授、井下 佳織 准教授、江島 顕一 准教授、寺本 佳苗 准教授

プロスポーツチームとのコラボ企画

柏レイソル

ファン感謝デー「日立台夏まつり」に、企画運営のスタッフとして参加しました。

千葉ロッテマリーンズ柏後援会

柏後援会と協働して、様々なイベントを企画中!

特別授業

麗澤大学をフル活用して自分の世界を広げてほしい。

私は幼い頃に脊髄腫瘍で車いす生活になりました。母の勧めでテニスを始め、バリアフリーが整った麗澤高校から麗澤大学へ進むと、年の半分は海外遠征の日々が始まりました。そうして世界を見た経験が、自信と成長を与えてくれました。異文化体験は心身を鍛え、世界から見ると日本の魅力がくっきりと浮き上がります。麗澤大学の自由でオープンな環境を活かし、ぜひ世界を体験してください。

  • プロ車いすテニスプレーヤー
    国枝 慎吾 2006年 経済学部卒

全豪・全仏・全英・全米のグランドスラム大会、通算シングルス26勝、ダブルス22勝を達成。パラリンピックではシングルスで2個、ダブルスで1個の金メダルを獲得。

授業紹介

授業紹介1

人を育てる“人間力”を鍛える。

【コーチング】

効果的なコーチングの基盤となる高度なコミュニケーション力を養う。

本専攻は、“経営力” “人間力”“スポーツ力” の養成を目指しています。この授業の目標は、特に重要な“人間力”の向上。本来のコーチングは、何かを押し付けるのでなく、その人が持つ潜在能力を引き出し、パフォーマンスを向上させるものです。それに不可欠なのが、コミュニケーション力。相手の話をしっかりと聞き(傾聴)、その想いや希望に寄り添い(共感・承認)、的確な問い(質問)を重ねて、自己決定を促します。豊富なグループワークで、他者と良好な関係を作る“人間力”を鍛えます。

豊嶋 建広 特任教授
  • 豊嶋 建広 特任教授

授業紹介2

救急技術と生命倫理を学習。

【救急処置法】

豊富な実習で実践的救急技術を習得。命を守り助ける「生命倫理」も学ぶ。

日常生活やスポーツ現場における救急処置(救命・応急手当)を正確に実施する知識・技術を学ぶとともに、「命の尊さ」を深く理解することを目指します。まずは一次救命処置(BLS : Basic Life Support)と応急手当(急病の手当、止血、包帯、固定、搬送)の正しい知識と技術を学びます。実習形式を多く取り入れ、グループで急病人やけが人発生時の救護シミュレーションも実施。生命を守り、苦しむ人に手を差し伸べる生命倫理も身につけます。単位を取得すると、日本ライフセービング協会認定BLS資格が取得可能です。

井下 佳織 准教授
  • 井下 佳織 准教授

授業紹介3

真のスポーツマンシップを探究する。

【スポーツとモラル】

勝敗を越えたスポーツの意義をモラルの視点から探っていこう。

スポーツをモラルの観点から考えます。スポーツマンシップやフェアプレーの概念を歴史や事例から読み解き、自分が関心を持つ競技をテーマにリサーチとプレゼンテーションを行います。勝利を最重視する競技としてだけではなく、相手への敬意やルールの遵守など、実社会にも通じる人間形成の側面からスポーツを再認識しましょう。

江島 顕一 准教授
  • 江島 顕一 准教授

在学生の声

1年次から多くの機会をもらい未来の夢が具体的になりました。
  • 菊地 朝美・佐藤 美礼

    左:菊地 朝美
    東京都立深川高等学校出身
    右:佐藤 美礼
    宮城県・私立聖ウルスラ学院英智高等学校出身
    スポーツビジネス専攻 2年

  • 高校でサッカー部に所属し、インターハイなどの大会運営にも参加しました。ピッチの外でサッカーに関わる楽しさを知り、ぜひこの大学で柏レイソルのインターンシップに挑戦したいと入学しました。1年次から様々なことに挑戦する機会をもらい、陸上競技部の箱根駅伝出場を応援するプロジェクトの責任者を任されたことは大変勉強になりました。また英語クラスに所属し、女子バレーボールのオランダ代表チームのおもてなしを企画したことも非常に刺激的でした。自ら行動を起こすことも大事だと考え、東京オリンピックの大会ボランティアにも応募しました。高校までは、自分がスポーツをすることが主体でしたが、この専攻でスポーツの役割やスポーツビジネスについて学び、将来を具体的に考えるようになりました。漠然と夢見ていた未来が、わずか1年でぐっと身近になり、自分でもとても驚いています。

    箱根駅伝出場を応援するプロジェクトに参加。東京オリンピック大会ボランティアにも挑戦します。

私の履修科目〔1年次/後期〕

mon tue wed thu fri
1 情報科学B 英語コミュニケーションスキルF
2 スポーツ・健康と社会 スポーツ実習S スポーツの理論と実習
3 英語コミュニケーションスキルD 日本国憲法
4 基礎ゼミナールB 経営学概論B 英語コミュニケーションスキルE 現代社会と道徳科学B
5 ジェンダーとキャリア形成

麗澤大学のここがポイント!

プロチームに触れるチャンスが豊富!

本物のプロスポーツに触れる機会がものすごく多いです。Jリーグのインターンシップはもちろん、来日した世界のトップアスリートと会話するチャンスまであります。千葉ロッテマリーンズに勤めている麗澤大学OB の方の特別授業や、大手スポーツメーカーの社員の方の特別授業なども面白かったです。日々が刺激に満ちています。

麗澤ジャーナル スポーツビジネス専攻 リアルストーリーはこちら