経済学部 経済学科観光・地域創⽣専攻

経済活動としての観光を多⾯的に学び、
地域活性の⽅法を考えます。
経済学の知識を学んだ上で、
現実の課題に取り組むワークショップを豊富に実施。
「理論と実践」で学びを深めていく、
実社会に直結した専攻です。

学びの特色

理論に基づいた合理的な施策を、
「観光」に取り込む。

本専攻では、観光を旅⾏業やホテル業といった個々のビジネスでなく、ひとつの⼤きな産業・経済⾏為としてとらえ、「ある取り組みは、どれだけ経済効果を⽣むか」を論理的に考えていきます。限られた予算を最⼤限に活かす⽅法や、データの正しい読み⽅など、経済学の視点で観光を科学的に分析していきます。

経済学の基礎から学び、
専⾨領域へ⼤きく踏み出す。

1・2年次は、国や地域の経済はどんな仕組みで動くのか、社会の⾒⽅の基盤を養います。あわせて現代の観光ビジネスの概要や、地域の課題を理解するための⼊⾨的な学習を⾏います。3年次からは、実社会の事例を教材に、成功や失敗の原因を論理的に把握するなど、観光や地域活性に直結する分野を学びます。

地域や企業と連携し、
実践的な課題解決⼒を鍛える。

地元の柏市や県内外の企業から具体的な課題を提⽰してもらい、強い関⼼と問題意識を持つところからスタートします。学⽣が⾃ら調べ、考え、解決策を提⽰する機会を、豊富に⽤意しています。企業とメールをやり取りする際のマナーからプレゼンテーション、厳しい評価まで、貴重な経験を積むことができます。

4年間の学習の流れ

経済学の基礎から出発し、実践的な観光・地域政策へと学びを進める。

授業紹介

既成概念を覆す⾃由な発想を。

公共政策演習
髙橋 秀樹 特任教授
今後の成熟社会に求められる
新たな課題解決能⼒の向上を⽬指す。

⼿賀沼とその周辺に広がる空間を対象に、2〜3名のチームで「テーマ設定」「現地調査」「企画⽴案」を⾏い、実現可能な地域創⽣プロジェクトとしてまとめあげるプランニングスキルを習得します。構築したプロジェクト案をクラス内で説明し、質疑応答を通じて説得⼒ある企画へのブラッシュアップも⾏います。

実在の事業企画に学ぶ。

公共政策学
髙橋 秀樹 特任教授
将来、地域創成施策や新規事業・
ビジネスの企画⽴案を⽬指すなら。

担当教員が⾃ら実際に取り組んだ広域集客事業(⼤規模農業公園)の企画事例を解説し、地域創⽣事業の企画⼿法や進め⽅の実際と、今後の地域経営戦略がいかにあるべきかを学びます。さらに各受講者には、任意の施設を選定し、ユーザー視点で調査・考察・報告を⾏う課題を課し、事業の訴求⼒を評価する⼒も養っていきます。

「地域の稼ぐ⼒」を理解する。

観光経済学
大越 利之 准教授
今後の成⻑が期待できる貴重な産業、
観光サービスを適切に把握する。

授業では、観光サービスを経済学の考え⽅に基づいて理解できるレベルを⽬指し、演習では、観光サービスが地域経済に与える影響をデータに基づいて検討できるレベルを⽬指します。学⽣⾃⾝に推計(調査)を⾏ってもらうことで、⽇本の地域経済における観光サービスの影響の重要性を、実践的に理解することができます。

⽬指せる資格/職業

⽬指せる資格

TOEIC® /ファイナンシャル・プランニング技能検定3級・2級/経済学検定試験(EREミクロ・マクロ)/⽇商簿記検定試験3級・2級・1級/ ITパスポート/基本情報技術者試験/ネットワーク接続技術者全種/情報セキュリティマネジメント試験/ MOS(Microsoft Office Specialist):スペシャリストレベル・エキスパートレベル/ MTA(Microsoft Technology Associate):マイクロソフトテクノロジーアソシエイト/ QC検定3級/スポーツリーダー/アシスタントマネジャー/認知症予防ファシリテーター2級/レクリエーション・インストラクター/BLS(⼀次救命処置)/スポーツ・レクリエーション指導者/ICTプロフィシエンシー検定試験(P検)/統計検定試験3級・2級/ Python3エンジニア認定基礎試験/経営学検定試験

進路のイメージ

公務員(都道府県・市区町村・警察・消防)、商社、メーカー、銀⾏、証券、建設・不動産、ホテル、旅⾏、各地域の協同組合 など