経済学部 経済学科観光・地域創⽣専攻

経済活動としての観光を多面的に学び、
地域活性の方法を考えます。
経済学の知識を学んだ上で、
現実の課題に取り組むワークショップを豊富に実施。
「理論と実践」で学びを深めていく、
実社会に直結した専攻です。

学びの特色

理論に基づいた合理的な施策を、
「観光」に取り込む。

本専攻では、観光を旅行業やホテル業といった個々のビジネスでなく、ひとつの大きな産業・経済行為としてとらえ、「ある取り組みは、どれだけ経済効果を生むか」を論理的に考えていきます。限られた予算を最大限に活かす方法や、データの正しい読み方など、経済学の視点で観光を科学的に分析していきます。

経済学の基礎から学び、
専門領域へ大きく踏み出す。

1・2年次は、国や地域の経済はどんな仕組みで動くのか、社会の見方の基盤を養います。あわせて現代の観光ビジネスの概要や、地域の課題を理解するための入門的な学習を行います。3年次からは、実社会の事例を教材に、成功や失敗の原因を論理的に把握するなど、観光や地域活性に直結する分野を学びます。

地域や企業と連携し、
実践的な課題解決力を鍛える。

地元の柏市や県内外の企業から具体的な課題を提示してもらい、強い関心と問題意識を持つところからスタートします。学生が自ら調べ、考え、解決策を提示する機会を、豊富に用意しています。企業とメールをやり取りする際のマナーからプレゼンテーション、厳しい評価まで、貴重な経験を積むことができます。

4年間の学習の流れ

経済学の基礎から出発し、実践的な観光・地域政策へと学びを進める。

授業紹介

地域の抱える問題を「見える化」する。

地域経済学
※これ池川先生.bmp.png池川 真里亜 助教
地域の抱える問題を、
客観的・視覚的に把握する。

少子高齢化や産業構造の地域差、食料問題など、日本あるいは地域の抱える問題をデータに基づいて検討し、客観的に把握することを目指します。またGIS(地理情報システム)を用いて視覚化することで、都市部・地方部間の差など地域特有の問題の特徴を学びます。自身での推計・分析を通じて、地域経済の抱える問題の解決策を一緒に考えましょう。

既成概念を覆す自由な発想を。

経済学基礎演習
※これ籠先生.bmp.png籠 義樹教授
地域社会の維持・発展に求められる
新たな課題解決能力の向上を目指す。

行政機関(市役所など)、NPO法人、観光業に学生自ら取材を行い、課題を発見・分析し、これらの機関や企業に対し、解決策の企画案をプレゼンテーションして講評を受けます。現地調査などのフィールドワークを行うのと同時に、取材などではオンラインも活用します。調査力、企画・分析力、プレゼンテーション能力を養います。

「地域の稼ぐ力」を理解する。

観光経済学
大越 利之 准教授
今後の成長が期待できる貴重な産業、
観光サービスを適切に把握する。

授業では、観光サービスを経済学の考え方に基づいて理解できるレベルを目指し、演習では、観光サービスが地域経済に与える影響をデータに基づいて検討できるレベルを目指します。学生自身に推計(調査)を行ってもらうことで、日本の地域経済における観光サービスの影響の重要性を、実践的に理解することができます。

目指せる資格/職業

⽬指せる資格

TOEIC® /ファイナンシャル・プランニング技能検定3級・2級/経済学検定試験(EREミクロ・マクロ)/日商簿記検定試験3級・2級・1級/ ITパスポート/基本情報技術者試験/ネットワーク接続技術者全種/情報セキュリティマネジメント試験/ MOS(Microsoft Office Specialist):スペシャリストレベル・エキスパートレベル/ MTA(Microsoft Technology Associate):マイクロソフトテクノロジーアソシエイト/ QC検定3級/スポーツリーダー/アシスタントマネジャー/認知症予防ファシリテーター2級/レクリエーション・インストラクター/BLS(⼀次救命処置)/スポーツ・レクリエーション指導者/ICTプロフィシエンシー検定試験(P検)/統計検定試験3級・2級/ Python3エンジニア認定基礎試験/経営学検定試験

進路のイメージ

公務員(都道府県・市区町村・警察・消防)、商社、メーカー、銀行、証券、建設・不動産、ホテル、旅行、各地域の協同組合 など