国際交流・留学学生主体の国際的活動

舞台は、iFloor から世界まで広がる。
世界に貢献する学⽣主体の活動

iFloorでの活動を通じ、世界へ⾶び出し貴重な学びを
体験できる場を、麗澤⼤学では豊富に⽤意しています。
地域や企業と連携した授業やゼミナール活動、
学⽣有志で受け継がれてきた学外活動など、
学⽣たちが興味を抱き、
そして本気になれる機会に満ちています。

Case1全⽶模擬国連⼤会

世界70超の⼤学から1,000名以上の学⽣が参加し、国連を模した議論、交渉、決議採択を⾏う「全⽶模擬国連⼤会」では、毎年秋にワシントンD.C.で開かれる本⼤会に、麗澤⼤学チームとして2011年から連続出場しています。それぞれのチームに担当の国が割り振られ議論が展開されるため、英語などの語学⼒だけでなく、事前提案書を作成するためのライティングおよび読解⼒、国の背景や⽂化を知る理解⼒など、ハイレベルな国際コミュニケーション⼒が試されます。
学⽣たちは模擬国連での活動を通じ、どのようなロジックであれば説得できるかを考え、⾃分の意⾒に⼀貫性があるかを常に考える「交渉⼒」を。そして、⾃分に与えられた役割を最⼤限に発揮するには、どのように⾏動すれば良いかを考える「やりきる⼒」を培います。そして"世界の舞台" を肌で感じることで、⾃分を⾒つめ直し、次のステージへの成⻑につなげています。
学⽣もリラックスして、まるで家族のように⽇々、交流しています。

全⽶模擬国連⼤会

世界70超の⼤学から1,000名以上の学⽣が参加し、国連を模した議論、交渉、決議採択を⾏う「全⽶模擬国連⼤会」

Case2ASPIRE Reitaku

「ASPIRE」とは、国内外の様々な大学に設置される学生団体で、SDGs(国際連合が採択した2016年から2030年までの国際目標)をテーマに多種多様な学習活動を行います。日本ではまだ数校しかこの活動に参加しておらず、麗澤大学はそのひとつです。2013年よりASPIRE REITAKUとして活動し、国際舞台ではASPIRE JAPANの一員として、ASPIRE KOREAとの協働プロジェクトなど、国際的な活動をしています。

外国語の多機能自主学習フロア「iFloor」外国語の多機能自主学習フロア「iFloor」