日本語・国際コミュニケーション専攻
“日本にも、異文化にも興味がある”という欲張りな人ほど学ぶ価値あるこの専攻。
“日本語・日本文化の発見”“英語・日本語での情報伝達”“多文化共生”を3本柱に、留学生とともに“日本そのもの”と“多様性の中にある異なる価値観”を学びます。

専攻の特色

身近な家族ですら、実は多様性の集合体。異文化ならなおさら。それを理解する“学びの工夫”と“仲間”の存在。

日本と異文化、その両者を効果的に学ぶ3ステップ。

本専攻の学びは、まず 1 )“自分たち”を知ることから始まります。“日本”に関する科目で“自分たち”を見つめ直し、相手=異文化の理解のために不可欠な自己理解を行いながら、日本人同士ですら相違があることを知ります。その基盤に、より良い意思疎通を行うための 2)日本語と英語による伝達技術を学び、 3)多様な価値観と共生する方法を学習。最終的には3つの領域を統合させ、多様性を真に理解できる人間へと成長を促します。

クラスの1/3が留学生。気づきと刺激を与えてくれる仲間と学ぶ。

学びは留学生と一緒に。中国、韓国、タイ、マレーシア、ベトナムなどアジア圏を中心に、EU圏などからも留学して来ている彼らは、日本や日本人から何かを得たい! と望み、同時に日本人学生は、文化も慣習も異なる彼らから、気づきと刺激を受けています。普段の授業も友人関係も“異文化交流”。「美しいとキレイはどう違うの?」など考えてもみなかった“日本”を尋ねられ、戸惑いながらも答えを探す姿は、本専攻の学生ならではです。

教室で得た知識を現実にリンクさせる課外プログラムも充実。

国文系、国際系、社会科学系の3系統にまたがるカリキュラムだけでなく“学知を社会とつなぐ”をテーマに、随時実施している課外プログラムも多様。英語で柏市の観光マップをつくるために街を歩いて調べたり、山梨県のカツ丼は卵でとじていないのは何故か?を現地調査したり、国内外の日本語学校で日本語教育を学んだり。各教員は工夫を凝らし“感情を伴った経験ほど、知識として身につく”を教室の外でも実践しています。

4年間の学習の流れ

就職に直結する各専門領域。自身の多様性を磨きながら、夢へ近づく。
4年間の学習の流れ

授業紹介

授業紹介1

あなたの日本語は大丈夫?

【日本語技術演習 Ⅱ】

日本人だから日本語は大丈夫、と思ったら大間違い。

他の人が納得できるよう、論理的に意見を述べることは、トレーニングなくしては困難です。この授業の目標は“発信力”つまり“書く力”“話す力”を身につけること。具体的には、物事を論理的に考えるためのトレーニングを行いながら、「動物園は廃止すべき?」「コンビニ24時間営業に賛成?反対?」などのテーマについて考え、意見文を書いたり、発表したりします。そして口頭・文章の両方において、わかりやすい説明ができたり、論理的に自分の意見が述べられるようになることを目指します。

大関 浩美 准教授
  • 大関 浩美 准教授

授業紹介2

“英語の勉強”とは一味違う学び。

【English Expression I・ Ⅱ】

“普段使い”の英語に触れ、積極的に話す度胸を身につける。

英語に対する苦手意識をなくし、日本の文化や社会にまつわることを英語で話せるようになることが目的。授業では、海外旅行や留学で使うような“普段使い”の単語やフレーズを学んだり、日本のマンガを英語で読む・英語で書かれた説明通りに折り紙を折るなど、通常の“英語の勉強”とは一味違う学びを展開しています。自分のできる範囲でコミュニケーションができれば十分!次第に学生は、間違うことを怖がらなくなり、物おじせずに英語を使うようになります。

鈴木 未恵 講師
  • 鈴木 未恵 講師

授業紹介3

異文化を理解するコツがある!

【コミュニケーション論 A】

“自分”と“自分とは異なるもの”を公平に見ることが“異文化理解”。

毎回『異文化理解とは何か』、『“おしつけ”と“ひかえめ”』、『“はっきり”と“あいまい”』、『お礼の感覚』、『“ぼかし表現”とは何か』などをテーマに、実体験に基づく具体的な事例を挙げながら、日本語と外国語のコミュニケーションの相違とその背景にある事柄、文法とコミュニケーションとの関係などを学生と一緒に考察します。その上で、各言語のコミュニケーションの特徴を理解しながら、“自分”と“自分とは異なるもの”を公平に見る“異文化理解”のセンスを磨きます。

井上 優 教授
  • 井上 優 教授

在学生の声

日本の良さを再発見でき、他国の人とも仲良しに。
  • 加藤 優輝

    大槻 美萌
    日本語・国際コミュニケーション専攻 4年
    千葉県・習志野市立習志野高等学校出身

  • 「日本語・国際コミュニケーション」という名前の通り、この専攻では日本語のつくりや語彙の意味・成り立ち、日本語の教え方などを学ぶ一方、日本と他国の文化や宗教、考え方、価値観などを比較し、多文化が共生するためのアイデアを提案したり、解決策を探ったりしています。改めて、日本の素晴らしさや日本人の誇りに気づき、同時に留学生が専攻内にたくさん在籍していることもあり、いろいろな国籍の人とも上手につき合えるようになりました。何事も表面的な特色だけでなく、背景や文化、歴史といったより深い部分を知ることが大切である、ということを学べました。将来は英語教員を目指しています。TOEICのスコアUPを目指しながら、教員採用試験問題に取り組んだり、「英語学習支援プログラム」に参加して“教える立場”を学んだりしています。

    私の履修科目 〔3年次/後期〕

    履修科目

インドネシアの日本語教員ボランティアに参加!

2週間ほどインドネシアのバンドンという所にある日本語学校で、面接のお手伝いや会話の練習相手などをしました。現地には日本人のネイティブがおらず、80人の学生からは質問攻め。先生方からも頼りにされました。貪欲に学ぶ生徒の姿を見て“私も頑張らねば”と刺激を受けました。

麗澤ジャーナル 日本語・国際コミュニケーション専攻 リアルストーリーはこちら