国際学部 国際学科⽇本学・国際コミュニケーション
(JIC)専攻

クラスの3分の1を占める留学⽣とともに、
⽇本語と英語の両⽅で⾃分の意志を伝える技術を学び、
⽇本⽂化や⽇本語を⾒つめ直し、
世界における多様な価値観を学びます。

学びの特色

"新時代のグローバルリーダー"
としての素質を養う。

1)まず"⾃分たち"を深く理解し、「⾃⼰理解と他者理解の表裏⼀体性」を学んだ上で、2)⽇本語と英語の実践的運⽤技術を習得。
さらに、3)多⽂化共⽣の実践的⽅法を⾝につけていきます。この3つの学びを結合させ、現実社会の多様性の中で、異なる価値を巧みにつなぎ、新たな価値の創出を実現します。

学びは留学⽣と⼀緒に、
それが本専攻のスタイル。

東アジア圏、EU圏などから来ている留学⽣は、"⽇本から何かを得たい!"と意欲的です。⽇本⼈学⽣も、異なる⽂化を持つ彼らとの交流から、多くの発⾒と気づきを得ています。本専攻で学ぶ「外国」は単なる知識ではなく、⽇常的な異⽂化の実体験。留学⽣との"真の仲間"としての関係は、卒業後も続いていきます。

世界で通⽤する"コミュニケーションの達⼈"
を⽬指す。

本専攻では、英語と⽇本語の両⽅について、実践的かつ効果的な運⽤技術を徹底的に学びます※。英語では4技能の習得に加え、英語で⽇本⽂化や国際情勢などの専⾨領域の知識を学ぶ授業があり、⽇本語では読解やノート・テイキング、プレゼンテーションや論述法、情報収集に関する授業を設けています。
※⼀定の単位数を、英語以外の外国語の単位で代替することができます。

4年間の学習の流れ

⾔葉と多様性を磨き、世界の⼈々とともに⽣きる⼒を養う。

授業紹介

言語運用技術を磨く。

JICアカデミックスキルズ
野林 靖彦 教授
グループディスカッションを通じて
客観的かつ論理的に物事を考える。

「発信力」、つまり「書く力」「話す力」「考える力」を養成する授業。日本社会における様々な問題を取り上げ、グループで意見を出しながら行われます。1年次は、「論証」の基礎を学びます。2年次では、文章・データの読取り(批判的読解)の技術を学ぶとともに、論述文の作成やディベートなどを通じて、自分の主張を効果的に発信する技術を習得。物事について多角的な見方ができる力を養います。

異文化を知り、自分たちを知る。

日本語教育入門/共生のための日本語論
大関 浩美 教授
多文化共生社会における
日本語教育のあり方について考える。

多文化社会化が進む日本において、日本語はもはや日本人だけのものではありません。「日本語教育入門」では、日本語が学習者の目からどう見えるのかを考え、〈言葉を学ぶこと/教えること〉の意味を考えます。また、「共生のための日本語論」では、日本語学習支援の実情を学ぶとともに、海外の移民受け入れ国での学習支援の事例なども参照し、多分化共生社会における日本語教育のあり方を考えていきます。

外から見た"日本" に触れる。

Japan Studies /国際日本学入門
モーガン, ジェイソン M. 准教授
「自分たち("日本")発見」こそが
異文化理解の第一歩!

異文化理解はまず、自分たちの常識を疑い、問い返すことから始まります。「JapanStudies」や「国際日本学」などの授業では、「外から見た"日本"」に触れ、私たちのアイデンティティについて考えていきます。JICの授業は、外国人留学生と日本人学生のコラボレーションが基本。様々なテーマでのディスカッションを通じて、自分たちの"常識" が絶対でないことを知り、異なる価値観との共生の可能性を探ります。

⽬指せる資格/職業

⽬指せる資格

TOEIC® / TOEFL® /実⽤英語技能検定試験(英検)/ HSK(漢語⽔平考試)/中国語検定試験(中検)/中国語コミュニケーション能⼒検定(TECC)/⽇本語教育能⼒検定試験/⽇本語能⼒試験(JLPT)N1/国家・地⽅公務員試験/ BJT ビジネス⽇本語能⼒テスト/⽇本語教員養成課程修了証明書※/ITパスポート/基本情報技術者試験/情報セキュリティマネジメント試験/ICTプロフィシエンシー検定試験(P検)

※国家資格ではありませんが、⽂部科学省の定める基準に基づいた 所定の科⽬の単位を修得することにより、麗澤⼤学から証明書が発⾏されます

進路のイメージ

⽇本語教育⼈材、公務員、地域コーディネーター、マスコミ、広告、ホテル、旅⾏ など