国際学部学びの特⾊

6つのカテゴリーから学び、
あなただけの「国際学」
を確⽴しよう。

国際学は、特定の学問領域を表す名称ではありません。
様々な学問の知⾒を導⼊し、多様な現実世界について考える。
これが国際学です。
国際共通語である「英語」を⼟台にした6つのカテゴリーから幅広く学び、
習得した知識やそこから創造される新たな発想を「つなぐ」ことで、
時代の変化や社会の多様性に対処できる柔軟な思考⼒を⾝につけます。

上記の6+1の学びは、国際学部の学⽣全員が習得する形をとっています。
ただし3つの専攻ごとに、より重点的な学びをカテゴリー別に調整できる仕組みも⽤意しています。英語は共通の学びですが、例えば上の図で、左に寄れば「⽇本学・国際コミュニケーション専攻」、真ん中に寄れば「国際交流・国際協⼒専攻」、右に寄れば「グローバルビジネス専攻」というように、"学びの濃淡" を⾃分のやりたいことや興味に合わせて選択することが可能です。

国際学部における「英語」の学び

国際共通語である「英語」は、グローバル社会の多様性に対応するための"武器"として⾝につけておくべき必須技能です。
特に1年次は基本的に「毎⽇英語」という教育指針のもと、英語を学ぶ"語学カリキュラム" だけでなく、「英語を使って」学ぶスタイルを意識していきます。

6つのカテゴリー 〜具体的な学び〜
1 英語で学ぶ
まずは4技能を徹底して鍛え、3〜4年次には、英語での学びに臨む。
"世界の共通語"とも言える英語の力を、まずは1~2年次に徹底して鍛えます。
目標は2年次でTOEIC600点。そこで身につけた英語力をベースに、3~4年次は、世界の文化、経済、政治などに関するテーマを英語で学びます。英語でレクチャーを受け、考え、議論する経験は、社会へ出る際、大きな自信となるはずです。
※【国際学科】第二外国語(中国語、韓国語、ドイツ語)で留学ができるプログラムがあります。
※【グローバルビジネス学科】1年次夏休みに4週間、全員参加の「English Summer Seminar」があります。
2 Japan Studiesで"⾃分たち" を知る
⽇本は世界からどう⾒られているか?まずは⾃分の⾜元を照らす。
協働・共生の力を養うためには“他者理解”は不可欠です。しかし他者を理解する前に、まずは自分たちを知ることも大切だ、と本学部は考えます。Japan Studiesの学びでは「日本の文化」「日本の言語」「日本の社会」などについて、世界の視点から学びます。
日本人が当たり前だと思っている事柄を外国人はどう見ているのか?異なる価値観の人たちは日本をどう感じているのか?について知り、自分たちを客観視します。
常識が常識でなくなる体験によって、"自分たちを発見"していく。
この学びのスタイルは、本学部の根幹をなす特徴的なものです。
3 多⽂化共⽣を学ぶ
留学⽣と同じクラスで学び、異質をつなげる経験をする。
Japan Studiesの学びで得た"⾃分たちの発⾒" をベースに、留学⽣と⽇本⼈学⽣合同で編成されるクラスの中で、多⽂化共⽣について活発にディスカッションしていきます。
背景が異なるメンバーと、ともに学び、ともに助け合う。この経験は、やがて"多様なメンバー、多様な価値の中で、他者を理解し、異質の価値をつなげることが、新しい価値を⽣み出すことになる"という理解と⼿応えにつながっていきます。
すでに世界の⼈々は、協働し共⽣しています。多⽂化共⽣に関する学びのプロセスは、将来学⽣が⾶び込む実社会の縮図とも⾔えます。
4 国際協⼒を学ぶ
世界の様々な状況を知り、⾃分の⾏動に結びつけていく。
世界に存在する貧富の格差、環境問題、難⺠問題などの状況を知り、いかに"⾃分の⾏動に結びつけるか" を考えていきます。
1〜2年次は、国際開発・協⼒、援助などに関する基礎を学び、PBL(課題発⾒解決型)学習のスタイルで、カンボジアやネパール、ミクロネシア、⽇本を舞台に、理論と実践を結びつけていきます。
3〜4年次は、JICAなどでも活⽤されているPCM(プロジェクトサイクルマネジメント)という⼿法を⽤いてプロジェクトの⽴ち上げ〜運⽤に関する理論と⼿法を専⾨的に学びます。
5 国際関係・国際地域を学ぶ
アフリカ、イスラム圏など、地域の課題を学習。
⽂化や慣習の違いと「グローバル化」を考える。
グローバル化を考える時に避けては通れないのが、それぞれの国や地域固有の⽂化、宗教、慣習などとの摩擦です。イスラム⽂化と資本主義が衝突する理由は何か。アフリカの発展にはなぜ時間がかかるのか。アジア圏は今後のグローバル経済にどんな役割を果たすのか。移⺠や難⺠問題への対処法は。各地域が持つ歴史的背景や⽂化、宗教などをしっかり学ぶことで、グローバル化を多⾯的に理解 し考える⼒を養います。外国⼈労働者の増加など、「⽇本の中の世界」問題も考えます。単純な答えのない問題に対処する基礎知識を⾝につけていきます。
6 経済・ビジネスを学ぶ
企業⼈を招いての講座やインターンシップで、
グローバル企業が直⾯する課題を具体的に学習。
今や中⼩企業に⾄るまで、「グローバル化」と無縁の企業は皆無と⾔って良いでしょう。
国境を越えても通⽤する経営や経済の基礎理論を⾝につけることは、グローバルリーダーを⽬指す⼈材には不可⽋です。経済原論などを英語のテキストで学ぶことで、世界を相⼿に経営・経済を語ることのできる⼈材の育成を⽬指します。さらに海外のグローバル企業に赴いてインターンシップ形式で最前線の経営を学んだり、企業⼈から直接話を聞くなど、演習形式の授業も数多く⽤意。
グローバル経営・経済の「理論と現実」を、深く、具体的に学びます。