PBL(Project Based Learning)活動

麗澤大学では知徳一体の教育理念に基づき、学生は授業内外で社会連携活動に取り組んでいます。自らを取り巻く社会に触れ、実状を知り、それに対して何ができるか試行錯誤することで、その経験を自らの成長に繋げています。学部や地域連携センターのように専門部署の支援もあり、活動の幅は国内外に広がりを見せています。

 

Japanesia

ミクロネシア連邦が当面する課題(廃棄物処理、雇用の創出等)解決に資するため、現地小学校での啓発活動や新たな雇用創出のためのタイヤサンダルプロジェクト等を実施。

Be a Bridge

2015年からネパールでの大震災をきっかけに拠点を海外に移し、減災教育をテーマに、現地の小中学校を対象として活動をスタート。現在は、子どもへの衛生環境啓発を中心に活動しています。

麗澤大学国際協力団体PLAS+

カンボジアの小学校で初等教育充実のために活動をスタート。実際には校庭の塀建設を実施したり、全校運動会の開催や理科実験・交通安全に関する出前授業を実施するなど幅広く活動している。現在はフィリピンにも拠点を広げ、活動している。

ASPIRE Reitaku(ASPIRE Japanの下部組織)

国連と各国の高等教育機関を結ぶプログラム「国連アカデミック・インパクト」における学生組織。ASPIRE JAPANとASPIRE KOREAの友好関係を結ぶ、Goodwillイベントの開催・参加するなど、世界を舞台に活動している。

プアン

タイ国チェンライを拠点として、山岳少数民族に対する教育支援活動、子どもたちとの交流を実施。山岳少数民族の民芸品を販売し、教育・国籍など現地が抱える問題を伝え、支援金を届けている。

麗澤模擬国連団体

一国の大使・代表となって様々な国際問題について考える、大学単位で参加する活動。日頃の活動を披露する場が、毎年、全米の主要都市で開催される「全米模擬国連大会」。本団体は、2011年から毎年11月にアメリカ・ワシントンD.C.で開催される全米模擬国連大会に連続出場している。

小学校英語授業支援ボランティア(酒井根東小学校英語教育支援)

小学校での英語授業支援ボランティア活動。麗澤大学と同じ地元である柏市の小学校で週3回、朝の時間を活用し英語を学ぶ楽しさを教えている。

松戸市立栗ケ沢小学校にて英語授業のボランティア

教職課程履修者有志が集まり、松戸市の小学校で英語授業を行っている。将来先生を志望する学生にとっても、英語を学びたい児童にとってもプラスになる活動となっている。

英語学習支援プログラム

教職課程履修者有志が集まり、近隣中学生を対象に英語に対する苦手意識の克服や学力向上を目標に、工夫を凝らした授業を展開している。

インドネシア日本語会話ボランティア・プログラム

日本語母語者がいない環境で学ぶ学習者の対話練習やスピーチのサポートに加え、スピーチコンテストの審査員や、日本からスカイプを用いての日本語支援を行うなど幅広く活動している。

麗陵祭実行委員会リサイクル活動

大学祭でのごみの分別は「15分別」としたり、飲食後の汚れたトレーはフィルムを剥がして可燃物と資源に分別するなどリサイクル活動を徹底している。来場者にもエコ活動に参加してもらえるよう工夫して活動を続けている。

麗澤・地域連携実習

この実習は4年間の大学生活の中で、自ら動き、課題解決に取り組んでいくPBL(Project Based Learning)型学習の最初の一歩として用意されている、1年次を対象とした授業です。ビジネスマナー研修など基礎的な学習をした後、連携協定を結んでいる柏市及び柏商工会議所の協力を得て、地方自治体や企業が抱える課題について、学生がヒアリング調査し、ディスカッションを重ね、解決・改善案を考案し、連携先関係者の前でプレゼンテーションを行い、評価を受けます。

麗澤スタートアップ支援プログラム

2019年度より開始した正課外プログラムです。「麗澤・地域連携実習」をはじめ、大学でのPBL(Project Based Learning:課題発見解決型)学習を体験した学生に事業化につなげることを意識する学びを提供しています。 学生は身の回りにある課題に着目し、その解決・改善のための方策を考案したり、ビジネスモデルを考案し仮設検証したりして、都度フィードバックを受けます。最後にピッチによる説明を行います。 これらの一連の学びを通じて、スタートアップに必要なアイデアの発想法や起業のノウハウを学ぶことができるプログラムです。 社会人基礎力を向上させたい学生にもお勧めです。

地元革製品企業と連携

2016年より柏市の革加工会社(株)NUIZA縫EMON(ぬいざえもん)に協力いただき、学生視点で商品開発や経営学科の視点で集客をサポートするなど活動している。現在は商品開発から販売まで携わるなど活動の幅を広げている。

柏レイソルとの教育連携

柏レイソル・ファン感謝デーの企画、グッズ開発などを学生が企画し提案。柏レイソルでのインターンシップを通じて、スポーツビジネスの本質を学び、地域の活性化に貢献している。

沖縄県石垣市との連携

麗澤大学と石垣市は教育連携しており、「観光地・石垣島の実態を理解し、観光について考える」というテーマでインターンシップを行っています。宿泊施設での業務の他、地元住民から話を聞くなど調査を行い、石垣島をより魅力的にするお手伝いをしています。

町おこしプロジェクト「松崎未来デザイン会議」

本学の学生が中心となり発足した若者主体の町おこしプロジェクト。松崎町をよりよくしたい若者が各地から集まって活動している。

Conversation Partnership

海外から来日した留学生が麗澤大学で充実した留学生活を送るため、日本人学生が留学生とペアまたは3人1組になり、日常生活をサポートする制度。

ヒューマンライブラリー

様々な価値観、経験をもつ人が「本」(語り手)となり「読者」(聞き手)と1対1~3で対話をするイベント。異文化を学び、私たちを取り巻く社会を包括的に考えるために、地域、国内、世界で活躍する方々を本役として招き、彼らとの対話から新しい自己の発見や生きるヒントを得ている。

北海道枝幸町との観光での連携

麗澤大学は北海道枝幸町と教育連携しており、枝幸町の魅力を学生が再発見することで、観光資源の見直しをし、より魅力的な枝幸町になれるよう提言をする機会をいただいています。