英語・リベラルアーツ専攻

(平成28年度以前入学者:英語・英米文化専攻)

リベラルアーツには、「人を自由にする学び」という意味があります。
この専攻の学生は、人文科学、社会科学といった学問領域にとらわれず、世界各国の多様な事柄を学ぶことで、新しい世界へ自分を解き放っています。

学びの特色

実践的な語学力とグローバルな視野、人間、そして総合力を培っていく。

“世界の文化”を学び、グローバルな視点を獲得し国際的教養人へ。

本専攻で学ぶのは“世界の文化”。対象地域は、イギリス、アメリカのみならず、カナダ、オーストラリア、香港、ドイツ、韓国、台湾など世界各国におよび、テーマも映画、広告、音楽、文学、歴史、宗教、環境と多岐にわたります。こうしたバリエーション豊富な科目によって目指すのは、グローバルな視点の獲得。学生は、世界には多様な文化や人、考え方が存在することを認識し、国際的教養人へと成長していきます。

英語力、プレゼン力、論理力による三角形の領域を広げ、総合力を高める。

学びの中心に“世界の文化”を据え、英語力、プレゼン力、論理力の3つの力を養います。
1)ネイティブスピーカーの教員による、4技能のスキルアップ。2)情報を収集して、ほかの人にわかりやすく伝えるプレゼンテーションのトレーニング。3)プレゼンテーションを行うまでの過程で身につける論理的思考。これら3点を頂点とした三角形をつくり、その領域を広げることで、人間としての総合力を高めていきます。

三角

Focus on! 【英語・リベラルアーツ専攻】

世界の中で、自分の拠って立つ場所を学生とともに確かめる。

本専攻の特徴のひとつが、“世界の多様な事柄を学ぶ”こと。花田先生の【グローバル・スタディーズ入門】は、劇的に変化し続ける世界の中で、グローバル時代に求められる教養とは何かを学生とともに考える授業です。前期では言語、労働、人種、ジェンダー、暴力などをテーマに理論を学び、後期では映像メディアなどを通して災害や戦争を歴史的に振り返ります。

たとえば、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)によって、多角的な経済の自由化を推進しようとしている国々がある一方、アメリカのトランプ大統領が自国第一主義を掲げ、イギリスがEU離脱を決めるなど、世界では“グローバル”と“ローカル”が激しく交差しています。「この動きには正負両面があり、単純な善悪や正誤では語ることができません。
一言で言えば難しい時代。だからこそ、現実を目の前にして一歩引き、多面的に観察して、足元を照らす拠り所となる教養とは何かを、学生とともに考察したいのです」と先生は言います。そして、絶対的な正解がない世界を学ぶ上で「先生が学生に知識を与えるのではなく、専門家である教員と時代の当事者である学生が、ともに問いを立てる時代」だと考えています。世界の大きな変化に伴い、大学も転換期を迎えています。学生から学ぶことがたくさんある、という先生は、ともに切磋琢磨し“地に足が着いた人間”の育成に力を注いでいます。

グローバル・スタディーズ入門A・B 花田太平助教

4年間の学習の流れ

英語と教養を磨き、世界にチャレンジする人間へと成長する。
4年間の学習の流れ

授業紹介

授業紹介1

社会で通用するディスカッション技法。

【Advanced Academic Discussion B】

留学、キャリアにもつながるコミュニケーション力を手に入れる。

教育、技術、環境、メディア、社会、雇用など、学生に関連する幅広い学術的トピックをテーマに、アカデミックなディスカッション技法を学びます。グループワークなどを通して、賛成・反対、言い換え、他者の理解・把握など、社会で通用する標準的かつフォーマルなディスカッションスキルと英語で自分の意見を表現する方法を習得することが大きな目標。
将来の学業や留学、ビジネスキャリアに活かすことができる、高度なコミュニケーション力を身につける大きなチャンスです。

Anna Belobrovy 講師
  • Anna Belobrovy 講師

授業紹介2

映画表現に潜む“文化”を解明する。

【アメリカ文化研究B】

アメリカ映画のビジュアルと言葉を分析し、多様性に関する意識を高める。

毎回およそ1本のアメリカ映画を取り上げ、アメリカが自分たちとは異なる国や地域の人々、その文化をどう見ているのか?=表現・描写の仕方に注目し、アメリカ文化の「他者」に対する意識的・無意識的イメージを歴史的に考察します。そして、アメリカ文化(特に映画)の異文化に対するイメージの問題点について知り、現実社会での多様性との相違について理解を深めていきます。
最終的には、アメリカに限らず“現実に存在する多様性”に関する意識を高めていくことが大きな目標となります。

日影 尚之 教授
  • 日影 尚之 教授

授業紹介3

英語で聞き手を納得させる。

【Research&Presentation】

プレゼンテーション力を向上させ、自分に自信をつける。

学生は授業中、本格的な状況でプレゼンテーションを行います。テーマは自己紹介から国際問題まで多種多様。説得力ある主張を実現するために、事前に調査を行い、事実やデータなどで自身の意見を補強します。批判的に考え、説得力ある発表をする。そして、クラスメイトからのフィードバックに耳を傾ける。こうした一連のトレーニングを通じて学生は能力を向上させ、自分に自信を持つようになります。

Jaya Samboo 講師
  • Jaya Samboo 講師

在学生の声

的確なアドバイスと励ましを受け、入学後、英語力が大幅に向上しました。
  • 矢作 大成

    矢作 大成
    英語・リベラルアーツ専攻 3年
    埼玉県立川口高等学校出身

  • 将来の目標として、ホテルなどサービス関係の職業に就職を考えています。様々な国から来るお客さまに対応するホテルスタッフの背中を見て憧れを持ち、目標となりました。その目標実現のために、特にビジネス英語やTOEIC は力を入れて勉強しています。先生からは「とにかくコツコツ積み重ねをしていくことで力になる」と励ましていただき、ボキャブラリーを増やすために、通学の電車の中など、時間を見つけ毎日単語を覚えるようにしています。さらに「好きなものと英語を結びつけると効果的」というアドバイスもいただき、好きな映画を字幕版で観るようにしています。専攻の必修の授業では高校時代と比べて、英語を使う機会が格段に増え、だんだん瞬時に英語が出るようになり、そういった点で成長したと感じています。また、入学当初はネイティブの先生の会話を聞き取れないことが多かったのですが、次第に何を言っているのかわかるようになり、リスニング力が向上したと思っています。

私の履修科目〔2年次/前期〕

mon tue wed thu fri
1 Speaking Strategy Ⅲ 日米関係史概説
2 Reading Culture & Society Ⅲ Writing Ⅲ English Workshop Ⅲ 国際関係概説
3 図書館で課題 スペイン語Ⅲ 道徳科学A スペイン語Ⅲ
4 イギリス研究入門 現代アメリカ文化・社会概説A 国際情勢論 比較文明文化概説
5 英語に関する基礎知識 Ⅰ English For Communication Ⅲ English For Communication Ⅲ

麗澤大学のここがポイント!

文化祭の装飾で、来場者を楽しませています!

大学の麗陵祭(文化祭)の実行委員会で装飾局に所属しています。
装飾局は入場門や子どもたちが遊ぶ滑り台など、様々なオブジェを作るのが主な仕事。麗陵祭当日は、子どもたちが遊ぶ様子や自分たちが造った門の写真を撮ってくださっている方を見て、充実した気持ちになりました。

麗澤ジャーナル 英語・リベラルアーツ専攻 リアルストーリーはこちら キャリアに関する リアルストーリーはこちら