英語・リベラルアーツ専攻

(平成28年度以前入学者:英語・英米文化専攻)

リベラルアーツには、「人を自由にする学び」という意味があります。
この専攻の学生は、人文科学、社会科学、自然科学といった学問領域にとらわれず、世界各国の多様な事柄を学ぶことで、新しい世界へ自分を解き放っています。

専攻の特色

学問・知識によって、グローバルな視野と人間としての総合力を培っていく。

“世界の文化”を学び、グローバルな視点を獲得し国際的教養人へ。

本専攻で学ぶのは“世界の文化”。対象地域は、イギリス、アメリカのみならず、カナダ、オーストラリア、香港、ドイツ、韓国、台湾など世界各国におよび、テーマもファッション、映画、食べ物、音楽、文学、歴史、宗教、環境と多岐にわたります。こうしたバリエーション豊富な科目によって目指すのは、グローバルな視点の獲得。学生は、世界には多様な文化や人、考え方が存在することを認識し、国際的教養人へと成長していきます。

英語力、プレゼン力、論理力による三角形の領域を広げ、総合力を高める。

学びの中心に“世界の文化”を据え、英語力、論理力、プレゼン力を養います。
ネイティブスピーカーの教員による、4技能(読む・書く・聞く・話す)のスキルアップ。
情報を収集して、他の人にわかりやすく伝えるプレゼンテーションのトレーニング。プレゼンテーションを行うまでの過程で身につける論理的思考。これら3点を頂点とした三角形をつくり、その領域を広げることで、人間としての総合力を高めていきます。

三角

4年間の学習の流れ

英語と教養を磨き、世界にチャレンジする人間へと成長する。
4年間の学習の流れ

授業紹介

授業紹介1

世界を俯瞰し、今の事件を把握する。

【国際関係概説】

国家間で起きている事柄は、既に日本の学生へ影響を与えている。

「国家と国家がどのように向き合っているか?」が大きなテーマ。今や当たり前の「国家」という存在は、実は国家概念をつくるのに相当な時間や努力が費やされています。それを理解した上で、歴史の長い流れを俯瞰し、今までの出来事がどうやって今日の新聞の一面をつくり出したか?世界各国でどのように互いに影響をおよぼしているか?を考えます。そして積極的に世界の様子と“その出来事は他人事ではない”ことを知り、自ら情報を把握して真相を探し、行動できる力を養います。

Jason Morgan 助教
  • Jason Morgan 助教

授業紹介2

イギリス人に対する固定観念を覆す。

【現代イギリス文化・社会 B】

オールイングリッシュで教科書なし。自然とリスニング力も向上。

イギリス人のアイデンティティ、地理、歴史、振る舞い、お祭り、食べ物、音楽、スポーツなど様々な視点からイギリス文化を考察します。授業はオールイングリッシュ。教科書は使わず、話題となっているトピックをピックアップしています。パワーポイントを使い、重要な言葉をちりばめ、理解しやすいよう動画、写真、音楽などを多用。ジェスチャーやジョークなどを交え、“笑顔溢れる”講義を展開させています。学生はイギリスについて深く理解し、固定観念が覆ることでしょう。

Merwyn Torikian 准教授
  • Merwyn Torikian 准教授

授業紹介3

戦略を学んで会話の質をレベルUP!

【Speaking for Academic Purposes B】

英語力はもちろん、戦略的に他者と議論できる力をも身につける。

日常会話ではなく、学術的なトピックに対するディスカッション力を向上させる授業です。テーマは、教育、テクノロジー、環境メディア、社会的問題、雇用。これらは、世界中の英語圏の大学で通用する内容。議論のための表現を学び、戦略的に表現を使い分けながら、賛成または反対の意見をサポートするデータを選択・提示して議論を深めていきます。このような授業で学ぶディスカッション力は、将来ビジネス社会における有効な会話能力へとつながっていきます。

Richard Walker 講師
  • Richard Walker 講師

在学生の声

今では、ネイティブに必ずほめられるほど英語力が向上!
  • 山口 哲平

    山口 哲平
    英語・英米文化専攻 4年
    千葉県立船橋啓明高等学校出身

  • 高校で行われた麗澤大学の出張講義に、ストラック先生がいらっしゃいました。先生が紹介した指導方法や英語の勉強法は斬新で、生徒との触れ合い方も抜群でした。この出張講義をキッカケに、麗澤大学が第一志望になりました。私が所属する専攻では、BBCやTIME 誌、英文学作品を通じて時事問題や古い英語を学んだり、英語圏地域の文化や歴史を研究しています。また英語表現については、アカデミックなプレゼンスキルやディスカッションの仕方を習得しています。総合的な英語力が身につくことが、この専攻のポイントだと思います。事実、BBCニュース記事速報を英語で読んで、瞬時に理解できるようになっただけでなく、ネイティブスピーカーにほめてもらえるほど、会話や発音が上達し、大きな自信も得られました。

    私の履修科目 〔3年次/後期〕

    履修科目

留学中に、英会話力が向上していることを実感!

私は在学中、ハワイとイギリスに留学しました。日常会話にとどまらず、学問的なディスカッションも現地で行うことができ、それまで学んできたことが、着実に力となっている手応えを感じました。この先も、様々な英語を学ぶために、数回の留学計画を練っています。

麗澤ジャーナル 英語・リベラルアーツ専攻 リアルストーリーはこちら