外国語学部 外国語学科英語・リベラルアーツ専攻

リベラルアーツには、「⼈を⾃由にする学び」
という意味があります。
この専攻の学⽣は、⼈⽂科学、
社会科学といった学問領域にとらわれず、
世界各国の多様な事柄を学ぶことで、
新しい世界へ⾃分を解き放っています。

学びの特色

これからの時代、
求められるのは「⼈間⼒」です。

AI・デジタル技術の発展により、世界のグローバル企業は、むしろ⼈間にしかできないこと、つまり⽂学や歴史、哲学、アート、宗教、政治などの教養に根差した「⽂系⼒」に注⽬しています。複雑で激変する世界を⽣き抜くための判断⼒が求められているのです。

⼤切なのは、グローバルな教養に加え、
実践的英語⼒。

アメリカ、イギリス、カナダ、⾹港などの歴史と⽂化を総合的に学ぶ「地域研究」、映画や⾳楽、広告、ファッションなど様々な視聴覚メディアを駆使した体験型学習を通してメディアリテラシーや批判的思考⼒を培う「⽂化研究」、国際⾊豊かな教員の指導で英語4技能のスキルアップとプレゼンテーション⼒を伸ばす「オールイングリッシュ・クラス」が本専攻の3つの柱です。

充実した留学プログラムで、
学んだことを実践で試す。

専攻の多くの学⽣が本学独⾃の留学プログラムに参加します。学⽣と教員が対等で⾃由な雰囲気の中で対話しながら⽇々切磋琢磨。社会の中⼼課題に取り組む人材の育成を目指しています。

4年間の学習の流れ

英語と教養を磨き、世界にチャレンジする⼈間へと成⻑します。

授業紹介

世の中の偏りに気づく⼒を養う。

Gender Studies
佐藤 繭香 准教授
歴史に学ぶことから
現代の状況を考える。

ジェンダーの視点から⾒たイギリス史を学びます。同時に、「⼥性専⽤⾞両」「レディースデー」「男性の働き⽅や家事育児にかけている時間」など、現代⽇本の⾝近なテーマも取り⼊れ理解を深めます。ジェンダー的視点を理解することは世の中の偏りに気づく⼒になります。多様性が重視される社会を⽣きるために⼤切な学びです。

リアルなイギリスを知る。

Advanced British Studies
トリキアン・マーウィン 教授
⽇本⼈の思うイギリスは
本当のイギリスなのでしょうか。

独⾃性、地理、歴史、振る舞い、祭り、⾷、⾳楽、スポーツなど、様々な⾯からイギリスの⽂化を学びます。多くの写真、アニメーション、⾳楽、ビデオクリップなどを⽤いながら最新のトピックスについて、英語で授業します。対話型の授業によって、イギリスとその⽂化についての理解が深まり、リスニング能⼒も向上します。

近くて遠い⾹港を考える。

Advanced Commonwealth Studies
マクノートン・アンドリュー 准教授
今動いている地域だからこそ
学び得る価値は計り知れない。

この授業では、⾹港の⼟地、歴史、⼈々について総体的に学びます。そして現代の⾹港についてチームでプレゼンテーションを⾏います。⾃ら調べる⼒、プレゼンテーション資料の作成、⼈前で話す⼒、チームでの協調性、聞く⼒、論理的な考え⽅、そして英語で⼩論⽂を書く⼒など、様々なスキルを⾝につけることができます。

⽬指せる資格/職業

⽬指せる資格

TOEIC® / TOEFL® /実⽤英語技能検定試験(英検)/ IELTS/ Goethe-Zertifikat / ÖSD-Zertifikat / Start Deutsch /ドイツ語技能検定試験(独検)/ HSK(漢語⽔平考試)/中国語検定試験(中検)/中国語コミュニケーション能⼒検定(TECC)/国家・地⽅公務員試験/中学校教諭⼀種免許状(英語)/⾼等学校教諭⼀種免許状(英語)/ ITパスポート/基本情報技術者試験/情報セキュリティマネジメント試験/ICTプロフィシエンシー検定試験(P検)

進路のイメージ

メディア関連(広告・広報)、地域のメーカーや商社、旅⾏・ホテル業界、物流・グローバル輸送 など