国際交流・国際協力(IEC)専攻
ボランティアや貧困、紛争など、国内外の事象に興味がある人。
そんな問題意識旺盛な人の“大学で本格的に学びたい!”に応えるのが、この専攻。
学びながら学生たちは“自分たちにできること”を見つけ、世界で活動しています。

専攻の特色

教室だけでは物足りない。地球まるごとを学びの場とする。
交流も協力も観光もすべてこの専攻で。

教員と学生、学生と学生が双方向でやりとりするアクティブな授業。

本専攻の特徴は、教員も含め授業に参加する全員が積極的にやりとりする課題解決型のアクティブ・ラーニングが多いこと。貧困、環境、難民、教育、途上国開発、観光資源などグローバルな問題をテーマに情報を収集し、問題解決の糸口を見つけ、学生は何ができるか?をディスカッションしたり、ポスター発表したりします。こうした授業に刺激を受け、学生は自ら“体験型研修”を企画して、世界各地で「プロジェクト」を立案して実行に移しています。

ミクロネシア、カンボジア、ネパールなど学生は国内外で活動を展開中。

「ゴミ問題に取り組むミクロネシアでの活動」や「初等教育向上を手助けするカンボジアでの活動」「防災・減災をネパールの小中学生に伝える活動」、「沖縄県・石垣島や北海道での観光インターンシップ」、「秋田県の限界集落で地域活性化を支援する活動」など。“Think and Act”をモットーに、学生は“等身大”の多彩な活動を行い、普段の授業で身につけたグローバルな視野と問題解決のための知識・技術を、各地で実践しています。

2017年度からは観光分野にも注力。卒業後、活躍フィールドが拡大。

交流、協力に加え、2017年度からは観光系カリキュラムのラインナップが充実。
現地に赴き、現地の人々との交流を通じて、観光の良い面・悪い面を探ったり、過疎地で観光資源を見つけたりと、体験を通じて深く観光を考えるチャンスも用意しています。また、観光英語が学べ、観光英検2級以上の取得も可能。就職先は、国際的な企業や国際公務員、青年海外協力隊などだけでなく、観光・旅行といったフィールドも視野に入れられます。

4年間の学習の流れ

グローバル社会の問題に触れ、自分に何ができるか?を見極める。
4年間の学習の流れ

授業紹介

授業紹介1

英語でグローバル社会を考える。

【グローバル英語演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ】

英語を“目的”ではなく、ひとつの“ツール”にする学び。

1・2年次対象のこの演習では、1年次は世界各国の文化や歴史、2年次はグローバル問題に関する幅広い知識について、英語でアクティブに学びます。主な目的は2つ。ひとつ目は、扱うテーマについて各自で収集した情報をグループで発表し、議論しながら理解を深めること。2つ目は、得た知識を英語でポスターや記事にしてプレゼンテーションするなど、様々な形で伝えられるよう4技能のスキルを習得すること。最終的には、英語をツールとして総合的に利用できる力の獲得を目指します。

Magdalena Ionescu 助教
  • Magdalena Ionescu 助教

授業紹介2

自ら行動して、学びとる。

【サービス・ラーニング演習 Ⅱ】

世界から地域まで、それぞれが抱える諸問題の具体的な解決方法を探究する。

授業は講義と演習の二部に分けて進めます。講義では国内外のNPO、NGO、市民団体、地域が抱える家庭崩壊、医療問題、環境問題、教育問題、貧困問題などを詳しく学習します。演習では、グループごとに興味関心のある社会問題を選び、その解決に取り組んでいる団体を見学・取材して成果を報告したり、大学生ができる解決策を企画書にして発表したりします。演習による学習効果を最大限に引き出し、ミッション達成などにより、自己の成長を実感できることを目指しています。

冬月 律 講師
  • 冬月 律 講師

授業紹介3

観光学は現場から。

【観光文化入門】

“現場”で起きている観光事情を学び、その背景を探っていく。

訪日外国人旅行者、東京オリンピック・パラリンピックで脚光を浴びる観光。観光地では何が起きているのでしょうか。この授業では地方創生的な視点から事例を取り上げ、現代の観光について考えていきます。国際交流・国際協力専攻では「フィールドワーク」、「観光インターンシップ」などの科目とあわせて、実践と理論の双方から観光を学び外国人の増加や地域の活性化など観光地が抱える問題点について自ら考え、解決策を提言できるような人材育成を目指します。そのスタートになるのが「観光文化入門」です。

山川 和彦 教授
  • 山川 和彦 教授

在学生の声

見違えるほど変わった自分。確かな夢も見つかりました。
  • 桑原 和香奈

    桑原 和香奈
    国際交流・国際協力専攻 4年
    千葉県立千葉商業高等学校出身

  • 専攻の学び全体を通して考えると、私はこの3年間で国際情勢に強く関心を持ち、同時に自分が今まで持っていた価値観や世界観の視野が広がり、多文化理解も入学前に比べ、見違えるように変わったと意識しています。国際協力の魅力を知り、スペシャリストである先生方から納得いくまで教えてもらえる機会にも恵まれ、将来は国際協力の分野で働く、という夢も見つけることができました。そして何よりも以前の自分と大きく変わった点は“行動力”。この専攻のモットーには『Think and Act』という言葉がありますが、今は意識しなくてもできていると実感できます。積極性や問題解決への真剣さ、多文化理解にも通ずる“他者の意見”や“価値観”の理解・尊重、win-winの関係構築なども養われ、人間としても格段に成長できたと感じています。

    私の履修科目 〔3年次/後期〕

    履修科目

オープンキャンパスのスタッフとして頑張ってます。

毎回オープンキャンパスのスタッフとして、来場者に“来て良かった”と思ってもらえるように頑張っています。教員・スタッフ皆が一生懸命団結するなかで、協力する大切さや仲間との協調性、おもてなしの精神などが鍛えられ、価値ある経験をしています。

麗澤ジャーナル 国際交流・国際協力(IEC)専攻 リアルストーリーはこちら