ドイツ語・ドイツ文化専攻
城、音楽、童話、サッカー。ドイツに興味を持つキッカケは人それぞれ。
そのキッカケを大切にし、多文化・多言語が当たり前のEU圏を体験することは、将来の財産になります。ドイツ語・ドイツ文化は、世界へのパスポートです。

専攻の特色

初心者を4年後には、ドイツ語を流暢に話せるグローバル人材へと育てる。

累計留学派遣数1000人。留学率90%以上。日本有数の実績を誇る“専攻”

本専攻は、50年以上の歴史を持ち、30年前から留学に力を入れてきました。これまでドイツへ送り出した学生は1000人を超え、現在でも留学率は90%以上に上ります。
旅行も含めると、ドイツに行ったことがある学生は卒業までにほぼ100%。本学に留学してきたドイツ人留学生と仲良くなり、ドイツ留学の際、再会などして、卒業後も友人関係を保つ学生が多くいます。大学内とドイツ・EUを学びの場にできるのが、この専攻です。

1〜2年次は教科書なし。
オリジナル教材で、総合的な語学力が身につくユニークな学習。

たとえば、ドイツ語で書かれた料理レシピを、経験から推測して読み解く。レシピの文章を「これは動詞?」と分析する。これまで身につけてきた知識を総動員して取り組むことから学習が始まります。そうした鍛錬を重ねることで、1年次の7月くらいには、読む・書く・聞く・話すの4技能の基礎が身につくほど。ドイツ語の授業は週に6コマありますが、教員同士連携して学生の成長をサポートしています。

卒業後は、海外就職も視野に。
実際多くの卒業生がEUで働いている。

留学を経験し、どこでも生きて行ける!と学生は自信を持つからでしょうか?卒業後、ドイツを中心にEU圏など、海外で仕事を見つけ、力を発揮している卒業生が多く存在します。2015年にドイツ・フランクフルトで同窓会を行った際には、同窓生でホテルの会場が一杯になりました。ドイツ語とドイツ文化に習熟しただけでなく、グローバルな世界で活躍できる力を身につけられた証拠の1つ。世界を目指すならドイツ語、という選択は正解です。

4年間の学習の流れ

ドイツ語の力も異文化への適応力も養います。
4年間の学習の流れ

授業紹介

授業紹介1

ネイティブとともに学ぶドイツ語。

【ドイツ語会話 IIB】

文法は気にしない。まずはドイツ語に積極的に触れていく。

この授業は、ドイツ語の4技能の習得と、ディスカッションやコミュニケーション能力の向上を目標にしています。一般にドイツ語学習は文法から始めますが、この授業では初回から難民問題や人間関係など色々なテーマについて、チームで助け合いながら学びます。スマートフォンで動画を見たり、ドイツの新聞のウェブサイトから情報を収集したりして、各テーマについてドイツ語で話し合います。文法を気にせず、どんどんドイツ語に触れることで、学生のドイツ語能力は確実にUPします。

Olga Czyzak 講師
  • Olga Czyzak 講師

授業紹介2

現実社会に即した活動を行う。

【Workshop Deutsch B】

チームで課題に取り組み、他者に貢献する大切さを学ぶ。

チームで“現実社会に即した活動”を行うのがこの授業。たとえば、課題のひとつがポスター制作。広告代理店やデザイナーの立場に立ち、ポスターの構成要素、日本とドイツのポスターの相違、その相違における社会・文化・歴史的な背景などを分析・考察して、制作を行います。初めは“チーム評価は不公平だ”と戸惑う学生も、徐々に自主性や責任感が芽生え、チームのために自分の力を発揮できるまでに成長します。この“社会の先取り体験”は卒業後、大いに役立つはずです。

草本 晶 准教授
  • 草本 晶 准教授

授業紹介3

合い言葉は“恥を捨てる”。

【ドイツ語研究 B】

どんなドイツ語の文献も、規則をマスターすれば必ず読める。

ドイツ語母語話者にどのように教育すれば「標準ドイツ語を体系的に学習できるのか。」を記述した学術書を講読しています。難解な部分については、平易な言葉で明解な説明を加えることで学生の理解を促しています。授業では“授業時間内では恥を捨てる”を合い言葉に、すべての疑問を授業時間内で解決できるようにしています。そしてドイツ語の規則を確実にマスターすれば、ドイツ語で記述されたどのような文献でも必ず読め、理解できることを実感してもらっています。

瀬川 真由美 准教授
  • 瀬川 真由美 准教授

在学生の声

チームで何かを成し遂げる。この学びの大きな+αです。
  • 西澤 凌

    西澤 凌
    ドイツ語・ドイツ文化専攻 4年
    茨城県立牛久高等学校出身

  • この専攻の特徴のひとつは、講義を黙々と受けることより、グループワークでその都度課題に取り組むことが多いこと。先生方は“授業は、企業内で行われる仕事と同じ部分がある”ととらえ、語学力向上だけでなく、授業中、学生各々が役割を分担し、チームで何かを成し遂げることで、“仕事のプロセスやその達成感”も同時に疑似体験してほしいと考えていらっしゃいます。私自身、クラスメイトと話し合ったり、協力したりする授業により、チームで目標を達成していく力や、集団の中で臆せず発言する積極性が養われました。元々“英語以外の語学力を獲得できたらいいな”とこの専攻を選択しましたが、ドイツ語+αの学びがあり、人間的にも大きく成長できました。将来は、外国語を使う仕事に就いて、チームで大きな目標に挑戦したいと思います。

    私の履修科目 〔3年次/後期〕

    履修科目

語学力向上には“現地での生活”が一番です。

2年次の9月から約1年間、ドイツへ留学しました。授業はもちろんですが、日常生活もドイツ語。日本語が通じない環境に飛び込み、ドイツ語のシャワーを浴び続けることで、語学力が格段に向上しました。

麗澤ジャーナル ドイツ語・ドイツ文化専攻 リアルストーリーはこちら