ドイツ語・ドイツ文化専攻
城、音楽、童話、サッカー。ドイツに興味を持つキッカケは人それぞれ。
その扉を開いて、多文化・多言語共存を目指すEU 圏を体験してみましょう。
将来の財産になります。ドイツ語・ドイツ文化専攻での学びは、世界へのパスポートです。

学びの特色

初心者を4年後には、ドイツ語を含めた複数言語を流暢に話せるグローバルシチズンへと育てる。

留学派遣者数累計1,000人以上。留学率90%以上。日本有数の実績を誇る“専攻”。

本専攻は、50年以上の歴史を持ち、30年以上前から留学に力を入れてきました。これまでドイツへ送り出した学生は1,000人を超え、現在でも留学率は90%以上に上ります。旅行も含めると、ドイツに行ったことがある学生は卒業までにほぼ100%。本学に留学してきたドイツ人留学生と仲良くなり、ドイツ留学で再会するなどして、卒業後も友人関係を保つ学生が多くいます。大学内とドイツ・EU圏を学びの場にできるのが、この専攻です。

1〜2年次は教科書なし。
オリジナル教材で、総合的な語学力が身につくユニークな学習。

たとえば、ドイツ語で書かれた料理レシピを、経験から推測して読み解く。レシピの文章を「これは動詞?」と分析する。これまで身につけてきた知識を総動員して取り組むことから学習が始まります。そうした鍛錬を重ねることで、1年次の7月くらいには、読む・書く・聞く・話すの4技能の基礎が身につくほど。ドイツ語の授業は週に6コマありますが、教員同士連携して学生の成長をサポートしています。

卒業後は、海外就職も視野に。
実際多くの卒業生がEU圏で働いている。

留学を経験し、どこでも生きていける!と学生が自信を持つからでしょうか?卒業後、ドイツを中心にEU圏など、海外で仕事を見つけ、力を発揮している卒業生が多く存在します。2015年にドイツ・フランクフルトで同窓会を行った際には、ホテルの会場がいっぱいになりました。ドイツ語とドイツ文化に習熟しただけでなく、グローバルな世界で活躍できる力を身につけられた証しです。世界を目指すならドイツ語、という選択は正解です。

Focus on! 【ドイツ語・ドイツ文化専攻】

語学習得から、留学・卒業後の進路まで。学生一人ひとりを教員がチームでサポート!

本専攻の特徴のひとつは、複数の教員が4年間、チームで学生をサポートすること。たとえば、留学前の1〜2年次は、週6コマの授業を分担し、各教員がつくるオリジナル教材を共有しながら、ドイツ語運用能力を獲得するために漏れがないよう授業を進めます。留学中は、SNSや現地スタッフを通じてフォロー。留学後は、どんなことを経験してきたのか?を振り返りながら、今後、そのことを採用面接などの場でどうアピールするか?を学生とともに考えます。そして、日本のみならず、海外での就職やドイツの大学への正規入学など、卒業後の目標を一緒に見つけています

ドイツ語・ドイツ文化専攻

毎年10名以上の学生が、留学中、インターンシップにも挑戦!

オランダのサッカークラブでアシスタントコーチに。

留学していた2年次の3月は、大学の休み期間。部屋にいるのはもったいない!と思い立ち、オランダのビクトリアボーイズというクラブでコーチをしている日本人の知り合いの方に連絡し、2週間、10〜13歳の子どもたちにサッカーを教えてきました。
コミュニケーションは英語で。“いかに簡単に伝えるか”“相手の気持ちを考え、言葉を選ぶ”ことを心掛けました。時に、悩んでいる子を励ますことも。短い期間でしたが、ここでの経験は、自分から相手に関わっていく“積極性”につながったと思います。

今井 俊佑
  • 今井 俊佑
  • ドイツ語・ドイツ文化専攻 4年
  • 千葉県・私立千葉明徳高等学校出身

ドイツ・フランクフルトの旅行代理店で事務スタッフを経験。

留学前から現地でインターンシップを計画していました。
しかし、インターンシップ先は自力で探さなければなりません。なかなか受け入れ先が見つからない中、ご縁があって受け入れてもらえたのは、麗澤大学の卒業生が働いているドイツJTB・フランクフルト支店。そこで2週間、予約状況の集計やSNSを使った広報活動、ホテルへの予約状況の確認など事務スタッフとして働くことができました。社員の皆さんの“高いプロ意識”に触れ、これから本格化する就職活動に役立つ経験ができました。

山田 有紗
  • 山田 有紗
  • ドイツ語・ドイツ文化専攻 4年
  • 千葉県立成東高等学校出身

4年間の学習の流れ

ドイツ語の力も異文化への適応力も養います。
4年間の学習の流れ

授業紹介

授業紹介1

ネイティブとともに学ぶドイツ語。

【Kommunikation und SpracheⅡ】

教科書なし、文法は気にしない。話す・聞くから始めるドイツ語。

授業で使う教科書はなく、性格・好きなこと・家族など、学生にとって“身近な” 話題を中心にしたオリジナル教材を使用します。授業はグループワークを中心に、話しやすい雰囲気の中、ドイツ語の文法の間違いを気にせず、“ 話す・聞く”からドイツ語の習得を始めます。
それにとどまらず、グループワークによって、自ら皆の前で発表する主体性やコミュニケーション能力、自分と相手の意見の違いなどを受け入れ、多様性を認める力などを磨くことも、この授業の目標です。

Holger Schütterle 准教授
  • Holger Schütterle 准教授

授業紹介2

ヨーロッパの真の姿を探る。

【ドイツ社会研究B】

多様性の集合体・ヨーロッパを学び、自分の多様性を理解する力を高める。

ヨーロッパの成り立ちや世界での役割を調べ、政治的・社会的発展について基本的にドイツ語でディスカッションします。まずグループワークで「ヨーロッパは何故ヨーロッパというのか」「EU とヨーロッパの違いは?」など基本的な情報を調べ、そこで得た知識をもとに、政治・文化・スポーツなど幅広い分野の中から、各自テーマを設定して調査・発表します。イギリスのEU離脱やベルギーの祭りなどテーマは多彩。互いに刺激し合いながら、多様性を理解する力を高めていきます。

Elvira Bachmaier 講師
  • Elvira Bachmaier 講師

授業紹介3

ドイツ語の総合力を上級レベルへ!

【総合ドイツ語上級演習】

生きた資料を使い、現代ドイツに関する知識を高める。

学生のドイツ語の総合力を上級レベルにUPさせることを目的にした授業です。授業のテーマは、ドイツに住んでいる若者と関係すること。教育、人間関係、将来などについて、ドイツ語で書かれた記事やドキュメンタリー映像、画像、図形などを使いながら授業を進め、学生は自ら選んだテーマについて調査して、その成果をドイツ語で文章にまとめ発表します。
ドイツの生きた資料を理解、判断し、日常生活を含めた現代ドイツについての知識を高めて、自ら発信する力をも養います。

Olga Czyzak 講師
  • Olga Czyzak 講師

在学生の声

日々、自分の“世界”を更新。大学で獲得した“特権”です。
  • 小林 義博

    小林 義博
    ドイツ語・ドイツ文化専攻 2年
    埼玉県立越谷西高等学校出身

  • 日常に転がっている、あらゆることに対して“学び”というアプローチができる。このことを知るキッカケを与えてくれたのがシュッテレ先生。先生は常に「なんで!?」と、様々な事柄に疑問を持つことが、いかに大切であるかを授業を通じて教えてくださいました。自分が感じていた色々な“当たり前”をその都度見つめ直しているうちに、多様な価値観やものの見方ができるようになり、私たちのいる世界は素晴らしいと、実感できるようになりました。大学に来て学問をしている毎日は、学生の時だから味わえる、教養を養うかけがえのない時間です。それこそが私にとっての楽しさであり、生き甲斐にもなっています。そして、日々、自分の“世界”を更新し、その幅が成長を実感できるポイントにもなっています。将来は、様々な思考のパターンを提供できる柔軟な頭と道理の通った判断力を持ち合わせた大人になることが目標です。大学で獲得できる広い視野をベースに、ボランティア活動などで“、あるファクトに対して何を改善し、何が必要で、何をすればいいのか”という論理力とその実践力を身につけるつもりです。

私の履修科目〔1年次/前期〕

mon tue wed thu fri
1 コンピュータ・リテラシー 社会学A ドイツ語総合ⅠA ドイツ語会話ⅠA
2 ドイツ語会話ⅠC English For Communication Ⅰ ドイツ語総合ⅠC ドイツ語総合ⅠB ドイツ語会話ⅠB
3 基礎ゼミナールA English For Communication Ⅰ
4 ドイツ語研究入門A
5 哲学A コモンウェルス研究入門

麗澤大学のここがポイント!

日常では味わえない成功体験を皆に。

「つくば路100km 徒歩の旅」というボランティアに参加しています。
日常では味わえない成功体験や人間力の醸成を目的に、主に子どもたちと100kmを5日間通して歩きます。子どもたちだけでなく、運営側の自分たちも成長でき、またとない経験を積むことができています。

麗澤ジャーナル ドイツ語・ドイツ文化専攻 リアルストーリーはこちら キャリアに関する リアルストーリーはこちら

麗沢大学 ドイツ語・ドイツ文化専攻